勝 海舟 《 氷川清話より 》

勝 海舟 《 氷川清話より 》

 

katu3.jpg

全体、おれがこの歳をして居りながら身心共にまだ壮健であるといふのも、畢竟自分の経験に顧みて、いささかたりとも人間の筋道を踏み違えた覚えが無く、胸中に始終この強味があるからだ。

万一さういふ逆境にでも陥った場合にはぢっと騒がずに寝ころんでいて、また後の機会が来るのを待って居る。そしてその機会が来たならば透かさずそれを執まへて、事に応じ物に接してこれを活用するのだ。

行政改革といふことはよく気を付けないと弱いものいじめになるョ。おれの知っている小役人の中にもこれまでずいぶんひどい目にあったものもある。全体、改革といふものは、公平でなくてはいけない。そして大きいものから始めて小さいものを後にするがよいョ。言いかえれば、改革者が一番に自分を改革するのさ、実践躬行をやって、下の者を率いていればうまく出来る。

人は何事によらず胸の中から忘れ切るといふことが出来ないで、始終それが気にかかるといふやうではなかなかたまったものではない。いはゆる座忘といって、何事もすべて忘れてしまって胸中闊然として一物を留めざる境地に至って初めて、万事万境に応じて横縦自在の判断が出来るのだ。

いはゆる心を明鏡止水のごとく磨ぎ澄ましておきさえすれば、いついかなる事変が襲うて来てもそれに処する方法は自然と胸に浮かんで来る。いはゆる物来たりて順応するだ。

世に処するにはどんな難事に出あっても臆病ではいけない。さあ何程でも来い、おれの身体がねぢれるならばねぢって見ろ。といふ了簡で事を捌いて行く時は、難事が到来すればする程面白味が付いて来て、物事は雑作もなく落着してしまうものだ。

何でも大胆に無用意に打ちかからなければならない。どうせうか、かうせうかと思案してかかる日にはもういけない。むつかしからうが易からうがそんなことは考えずに、いはゆる無我といふ真境に入って無用意で打ちかかって行くのだ。もし成功しなければ成功するところまで働き続けて、決して間断があってはいけない。世の中の人はたいてい事業の成功するまでに、はや根気が尽きてしまふから大事が出来ないのだ。

根気が強ければ敵も遂には閉口して味方になってしまふものだ。確乎たる方針を立て、決然たる自信によって知己を千歳の下に求める覚悟で進んで行けば、いつかはわが赤心の貫徹する機会が来て、従来敵視していた人の中にも互いに肝胆を吐露しあふほどの知己が出来るものだ。区々たる世間の毀誉褒貶を気にかけるよふでは到底仕方ない。

仕事をあせるものに仕事のできるものではない。せつせつと働きさえすれば儲かるといふのは日偏取りのことだ。天下の仕事がそんな了見で出来るものではない。

全体封建制度の武士といふものは田を耕すことも要らねば物を売買することも要らず、そんなことは百姓や町人にさせておいて自分らはお上から禄を貰って、朝から晩まで遊んでいても決して喰うことに困るなどといふ心配はないのだ。それゆえに厭でも応でも是非に書物でも読んで忠義とか廉恥とか騒いでいなければ仕方なかったのだ。それだから封建制度が破れて武士の常禄といふものがなくなれば、したがって武士気質も段々に衰える。

世間の風霜に打たれ、人生の酸味を嘗め、世態妙を穿ち、人情の微を究めてしかる後、共に経世の要務を談ずることが出来るのだ。机上の学問に凝らず更に人間万事に就いて学ぶ。その中に在する一種のいふべからざる妙味をかみしめて、しかる後に机上の学問を活用する方法を考え、また一方には心胆を錬って確乎不抜の大筋を立てるように心掛けるがよい。かくしてこそ初めて、十年の難局に処して誤らざるだけの人物となれるのだ。

世間の人はややもすると芳を千歳に遺すとか臭を万世に流すとかいってそれを出処進退の標準にするがそんなケチな了見で何が出来るものか。男児世に処する、ただ誠意正心をもって現在に応ずるだけの事さ。あてにもならぬ後世の歴史が、狂といはうが賊といはうがそんな事は構うものか。要するに処世の秘訣は“誠”の一字だ。

政治家の秘訣はほかにはないのだよ。ただ正心誠意の四字しかないよ。道に依て起ち道に依て坐すれば草莽の野民でもこれに服従しないものはない筈だよ。

今も昔も人間万事金といふものが土台であるから、もしこれが無かった日には、いかなる大政治家が出ても、到底その手腕を施すことは出来ない。見なさい、いかに仲の良い夫婦でも、金がなくなって家政が左前になると、犬も喰わない喧嘩をやるではないか。国家の事だってそれに異なることは無い。財政が困難になると、議論ばかりやかましくなって何の仕事も出来ない。そこへつけこんで種々の魔がさすものだ。

すべて世の中を治めるには大量寛大でなくては駄目さ。八方美人主義では、その主義の奏効にばかり気を取られて、国家のために大事業をやることは出来ない。

おれはこれまでずいぶん外交の難局に当たったが、しかし幸い一度も失敗はしなかったョ。外交においては一つの秘訣があるのだ。心は明鏡止水のごとし、といふのは若い時に習った剣術の極意だが、外交にもこの極意を応用して少しも誤らなかった。かういふ風にきりぬけうなど、あらかじめ見込みを立てておくのが世間の風だけれども、これが一番悪いよ。おれなどは何にも考へたり目論見たりすることはせぬ。ただただいっさいの思考を捨ててしまって、妄想や雑念が霊智を曇らすことのないやふにしておくばかりだ。すなわちいはゆる明鏡止水のやふに、心を磨ぎ澄ましておくばかりだ。かうしておくと、機に臨み変に応じて事に処する方策の浮かび出ること、あたかも影の形に従ひ、響きの声に応ずるがごとくなるものだ。

政治は理屈ばかりで行くものではない。実地に就いて人情や世態をよくよく観察し、その事情に精通しなければ駄目だ。下手な政論をきくよりも、無学文盲の従の話は、純粋無垢で、しかもその中に人生の一大道理がこもって居るよ。

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す
ページ:  1 2 3 ... 132 133 134 135 136