吉田松陰 留魂録より・  ほか

吉田松陰 留魂録より

shouin.jpg

身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置まし大和魂

十月念五日    二十一回猛士

※吾の得失当に蓋棺の後を待ちて議すべきのみ・・私の人間としての在り方がよいか悪いかは棺の蓋をおおった後、歴史の判断にゆだねるしかない

※今日死を決するの安心は四時の順環に於て得る所あり・・今日私が死を目前にして平安な心境でいるのは春夏秋冬の四季の循環ということを考えたからである

※義卿三十、四時己に備わる 亦秀で亦実る・・私は三十歳、四季はすでに備わっており花を咲かせ実をつけているはずである。だから安心して死を迎えている。

※万巻の書を読むに非ざるよりは 寧ぞ千秋の人たるを得ん・・沢山の書物を読まなければ、永年にわたって名を残す不朽の人となることは出来ない。

※一己の労を軽んずるに非ざるよりは 寧ぞ兆民の安きを致すを得ん・・自分で労を惜しまずに働く人でなければ、どうして天下国家の民を幸せにできようか

※皇神(スメカミ)の誓ひおきたる国なれば 正しき道のいかで絶ゆべき・・天照大皇神の神勅のある以上は、日本は滅びはしない。だから正しい道を貫き通さねばならぬ

※世の人はよしあしことも言わば言え 賎(シズ・自分を下げた言い方)が誠は神ぞ知るらん・・ペリーの船から降ろされ、浜で失意の内に詠んだ

※かくすればかくなるものと知りながら 已むに已まれぬ大和魂・・下田の獄から江戸へ押送されるとき、泉岳寺の前で、赤穂義士の霊に手向けた詩

※歳月は齢と共にすたるれど 崩れぬものは大和魂・・松下陋(ロウ・小さい)村なりといえども 誓って神国の幹となさん・・・共に再び野山獄へ投ぜられるときの詩

高杉晋作から質問された〝丈夫の死〟について松蔭の回答…・・・「・・死は好むべきに非ず、亦悪(ニク)むべきに非ず。道尽くして心安んず、使ち是死所。死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。僕が所見には生死は度外に措きて、唯言ふべきを言ふのみ」

ほかの人のサイトに載っていた松蔭の名言です。借りてきました。

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す

二宮 尊徳 (金次郎)

明治天皇が買われた金次郎像

 

報徳訓

父母の根源は転地の令命にあり                            身体の根源は父母の生育にあり                            子孫の相続は夫婦の丹精にあり                            父母の富貴は祖先の勤功にあり                            わが身の富貴は父母の積善にあり                            子孫の富貴は自己の勤労にあり                            身命の長養は衣食住の三つにあり                           衣食住の三つは田畑山林にあり                            田畑山林は人民の勤耕にあり                              今年の衣食は昨年の産業にあり                                    来年の衣食は今年の艱難にあり                              年年歳歳報徳を忘るべからず

貧富訓

遊楽分外に進み 勤苦分内に退けば 即ち貧賤其の中にあり            有楽分内に退き勤苦分外に進めば 即ち富貴其の中にあり

万象倶徳(報徳博物館元館長、佐々井典比古)

どんなものにもよさがある どんなひとにもよさがある                    よさがそれぞれみなちがう よさがいっぱいかくれてる                               どこかとりあがあるものだ もののとりえをひきだそう                              ひとのとりえをそだてよう じぶんのとりえをささげよう                            とりえととりえがむすばれて このよはたのしいふえせかい

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す

明治天皇 

教育に関する勅語

朕(チン)惟(オモ)フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳オ樹(タ)ツルコト深厚ナリ我カ臣民克(ヨ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世ソノ美ヲ済(ナ)セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源(エンゲン)亦(マタ)實ニ此ニ存ス爾(ナンジ)臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭検(キョウケン)己ヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以(モッ)テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進ンテ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重(オモン)シ国法ニ遵ヒ一旦緩急(カンキュウ)アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮(テンジョウムキュウ)ノ皇運ヲ扶翼(フヨク)スヘシ是ノ如キハ独リ朕ガ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン斯(コ)ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶(トモ)ニ遵守スヘキ所(トコロ)之ヲ古今ニ通シテ謬(アヤマ)ラス之ヲ中外ニ施シテ悖(モド)ラス朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺(ケンケンフクヨウ)シテ咸(ミナ)其(ソノ)徳ヲ一ニセンコトヲ庶(コヒ)幾(ネガ)フ            明治23年10月30日  御名御ジ

五箇条の御誓文

一、広く会議を興し、万機公論に決すべし                                                一、上下心を一にして、盛んに経綸を行うべし                                            一、官武一途庶民に至る迄、各其志を遂げ、人心をして倦まざらしめん事を要す    一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基くべし    一、智識を世界に求め、大に皇基を振起すべし                 我国未曾有の変革を為さんとし、朕躬を以て衆に先じ、天地神明に誓ひ、大に斯国是を定め、万民保全の道を立んとす。衆亦此旨趣に基き協心努力せよ。 明治元年 三月十四日

御製

目に見えぬ神にむかいてはぢざるは人の心のまことなりけり

日にみたび身をかえりみし古の人のこころにならひてしがな

あらし吹く世にも動くな人ごころいはほにねざす松のごとくに

あさみどり澄みわたりたる大空の廣きをおのが心ともがな

世の中の人のかがみとなる人の多くいでなむわが日の本に

いかならむ事に会ひてもたわまぬはわがしきしまの大和だましひ

すすみゆく世に生まれたるうなゐにも昔のことは教えおかなむ

いかならむ時にあふとも人はみなまことの道をふめとおしへよ

国のため力つくさむわらわべを教ゆる道にこころたゆむな

世はいかに開けゆくともいにしへの国のおきてはたがへざらなむ

おもふこと思うがままになれりとも身を慎まむことな忘れそ

心ある人のいさめのことのはは病なき身の薬なりけり

世の中の人の司となる人の身のおこなひよただしからなむ

おのが身はかえへみずして人のためつくすぞ人のつとめなりける

物学ぶ道に立つ子よおこたりにまされる仇はなしとしらなむ

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す
ページ:  1 2 3 ... 132 133 134 135 136