利休

奥田昭三著 「茶味」より


利休言

・《和啓清寂》 「和ぎて流れず啓して諂わず清して潔く寂して躁(あわただし)うせざれ」

「礼の用は和を貴しとなす・・孔子」。敬とは自己に対して慎み、他人に対して敬う心。清は清潔・清廉、物と心の清である。寂は心の落ちつき、その一挙手一投足にも心の落ちつきを宿すこと。

・《茶の湯の極意》 「夏はいかにも涼しきやふに、冬はいかにもあたたかなるやふに、炭は湯のわくやふに、茶は服のよきやふに、これにて秘事はすみ候」

真の自由

如何なる境に臨んでも、今・茲・我ということを忘れず、和敬静寂の自らなる働きによって所作に何らの躊躇がない。法に従えば、従容として一糸乱れず、法を破れば、突嗟の働きによって、更に一境を開く。無碍自在。「白雲の長空を飛ぶ」がごとくである。これが真の自由である。

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す

孔子・孟子

孔子

 
・ 君子は本を務む、本立ちて道生ず。孝悌は其れ仁の本為るか
人格と徳と品位の高い人は、根本の修養に努力する。根本が確立すると生き方(道)が分かるからだ。父母に尽くし目上を敬うこと《孝悌》が他者を愛する心、人間愛《仁》の根本なのだ。

・ 巧言令色鮮なし仁

他人に対して人当たりがよくことばを巧みに飾りたてたり外見を善人らしく装うのは実は自分のためというのが本心であり、仁すなわち他者を愛する気持ちは少ない

・ 剛毅木訥は仁に近し

〈剛〉物欲に左右されないこと〈毅〉志がくじけないこと〈木〉質朴で飾り気の無いこと〈訥〉心に思っていることはしっかりしているが、口下手でうまくいえないこと、は、それぞれ仁・人の道に近い

・ 学びて思はざれば則ちくらし 思いて学ばざれば則ちあやうし

知識や情報を沢山得ても思考しなければ活かせない。逆に思考するばかりで知識や情報が無ければ独善的になる

・ 義をみて為さざるは勇なきなり

ただしいと分かっていながら実行しないのは勇気がないからである

・ 徳弧ならず 必ず隣あり

人格の優れている人は必ず1人ではないその人を慕って人が集まってくるものだ

 

 

 

孟子

 
・ 生を養い死を喪して憾み無きは王道の始めなり
生者を十分に養い、死者を十分に弔って遺憾の無いようにさせることが王道の始なのである。

・ 自ら反みて縮くんば千万人といえども吾ゆかん  (松蔭が好んだ)

自分が熟慮した結果、自分が間違っていないという信念を抱いたら断固として前進すべし

・ 七年の病に三年のもぐさ

七年もかかる大病には早くから薬草を用意しておかなければならないのに、三年も乾燥させた良質の艾を急に求めようとしても間に合わない

 ・ 吾が老を老として人の老に及ぼし 吾が幼を幼として人の幼に及ぼす

自分の身辺の年寄りを年寄りとして敬いつかえ、ついでその心を広く他人の年寄りの上に及ぼしてゆく。又身近の幼いものを幼いものとして慈しみ愛し、ついでその心を広く他人の幼いものの上に及ぼす

 

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す

西郷隆盛(南洲) 南洲翁遺訓より

西郷隆盛(南洲)  南洲翁遺訓より


敬天愛人・・道ハ天地自然ノ物ニシテ人ハ之レヲ行フモノナレバ、天ヲ敬スルヲ目的トス。天ハ人モ我モ同一ニ愛シ給フユエ、我ヲ愛スル心ヲ以テ人ヲ愛スル也

道を行う者は、固より困厄に逢うものなれば、如何なる艱難の地に立つとも、事の成否身の死生などに、少しも関係せぬもの也。事には上手下手あり、物には出来る人、出来ざる人有るより、自然心を動かす人も有れども、人は道を行うものゆえ、道を踏むには上手下手も無く、出来ざる人もなし。故に只管ら、道を行い道を楽しみ、もし艱難に逢うて之を凌がんとならば、、いよいよ道を行い道を楽しむべし。予、壮年より艱難という艱難に罹りしゆえ、今はどんな事に出会うとも動揺は致すまじ。それだけは仕合せなり。

文明とは・・「文明とは正義のひろく行われることである。豪壮な邸宅、衣服の華美、外観の壮麗ではない」

幾歴辛酸志始堅 丈夫玉砕恥瓦全 一家遺事人知否 不為児孫買美田・・幾たびか辛酸を嘗め志始めて堅し 丈夫玉砕するも瓦全を恥ず 一家の遺事人知るや否や児孫のために美田を買わず

投稿カテゴリー: 先人の言葉 | コメントを残す
ページ:  1 2 3 ... 131 132 133 134 135