月別アーカイブ: 2016年1月

益子3中サミット7回目

KIMG0765KIMG0767KIMG0768KIMG0762

7回目を迎えた益子3中サミットが、今年も芳賀青年の家で行われています。昨年から真岡高校の生徒会有志たちのワークも入り、今年は益子芳星の新生徒会の子達も見学で来てくれています。広がりを見せて来たこの事業が、継続してくれることを切に望みます。子供達も頑張っています。それをサポートするPTA の方々も頑張っています。みんな頑張れ!!

投稿カテゴリー: 教育, 議会活動報告, 議員日誌 | コメントを残す

1月の常任委員会と全員協議会

KIMG0757KIMG0756KIMG0752

午前中に全員協議会で道の駅の食品加工施設の建設経と土祭報告書の説明を受けました。加工施設は野菜加工室と惣菜加工室等で建坪25坪程度。。外構工事込みで税込2376万円。土祭の総括は概ね良好と言う感じ。分厚い報告書はこれから目を通します。午後は先ず給食センターで今日の給食を議員さんもいただいて、給食に関して意見交換してきました。その後、町の防災倉庫を見に行って、備品の確認を行いました。概ね今期で予定していた備品はそろうようです。他にもいろいろ議員だけの協議を行いながら、議会改善に進んでいます。だいぶ先進的ながらも本来の議会のあり方を考えて変革真っ最中です。

投稿カテゴリー: 調査報告, 議会活動報告 | コメントを残す

陶芸メッセの企画展はいい!

P1020183P1020182P1020185P1020186

1月17日まで益子陶芸美術館・陶芸メッセで開かれていた岡部嶺男展は、本当に素晴らしかった。加藤唐九郎の息子として、10代から頭角を現した天才陶芸家・岡部嶺男。何をやっても何しろ上手い!楽でも瀬戸でも志野でも織部でも、特に窯変天目や縄文シリーズ・青瓷の世界は独自の最高域に達していて、圧倒的です。やっぱり本物はすごいと、大いに感動しました。多くの益子の陶芸家さんたちが、強烈な刺激を受けて精進してくれたらいいなと思いましたが、かえって力の圧倒的な差を目の当たりにしてへこんでしまうかもしれません。とにかくいいものを見せていただきました。

そして次に、23日から始まるのが、『加守田章二と益子の現代陶芸』展です。加守田と同時期に益子に入り活躍した瀬戸浩・廣崎裕哉・小滝悦郎らの作品も展示されます。こちらも楽しみですね。是非大勢の皆さんに来ていただけることを望んでいます。必ず満足して頂ける企画展です。

益子に住んでしばらくして、美術・芸術がこんなに生活の身近にいつもあふれている事に気が付きました。展覧会や個展は年中あちこちで行われているし、作家ものの陶器はどの家にもあふれているし、多くの家の玄関先には、藍染めや版画や陶磁器が飾られていて、本物だらけです。いつしか自分の家にも美術芸術品が自然に増えてゆきました。益子に住んでいると、気候風土のせいもあり、芸術文化が身近なこともあり、いつしか気持ちが豊かになって、ゆったりとした時間を味わえるようになります。人生をより豊かにしてくれる町なんだと思います。

この町の良い所をもっと伸ばし、旧来の陋習をやぶり、より良い町にしたいと思って活動しています。

 

投稿カテゴリー: 観光, 議員日誌 | 2件のコメント

2015から2016年:二年参り

KIMG0726KIMG0727

今年も大勢の方々と年を越すことができました。大みそかの晩に今年のお礼参拝を済ませて、年越ししたらみんなで境内に上がって初もうで参拝。4年目を迎えた塙春日神社の二年参りを、今年も無事に行うことができました。以前の真っ暗な人気のない春日神社の年越しとはえらい違いです。少しずつでも盛り上がってくれればいいなと思います。甘酒にトン汁の接待と、好きな人には熱燗もあり、子供から大人までみんなで楽しい年越しでした。地元の神社を盛り上げようと、塙若組で始めたこの企画も、徐々に認知されて定着した催しになってきました。今年はあったかくってよかった。

それぞれの自治会単位の地域があっての町であり地方公共団体です。地方創世の根っこづくりにも、今年も尽力してまいります。全体の問題も取り組みながら、細部も大事にしたい。そんな一年を今年も積み上げてゆきます。今年もみんなで頑張っていこー!!

投稿カテゴリー: 地域活動, 議員日誌 | コメントを残す