月別アーカイブ: 2012年1月

ヒジノワ de イタリアン

17日に、益子駅から城内坂へ行く途中の「ヒジノワ」というカフェでゆっくりイタリアンを食べてきました。友達夫婦と一緒にワインをいただきながら、飲んで食べて、3時間があっという間でした。知り合いの方がシェフをするというので予約してゆきましたが、なにしろ値段が安くて大丈夫かと心配しましたが、スープもパスタもおいしいし、満足です。メインのブタ肉が、もう少し小さくていいから手をかけてほしかったけど、充分です。(料理の写真撮り忘れたので、次回は撮って載せますね)

このヒジノワは、日替わりで店主が替わるというおもしろいカフェで、結構人気が高まっています。益子ってやっぱりおもしろいね!おしゃれなカフェがどんどんできて、奥様がたはランチ廻りに忙しいようです。里山の中のお店も多くて、他県ナンバーの車が結構来ています。益子のおしゃれなイメージは、さらに築かれつつあります。楽しみです。

真岡の門前という地区に、やはり若者達が、小さなお店を出してにぎわってきています。商工会が空き店舗を紹介して彼らとつなげているようですが、ぶらっと歩いて楽しめる空間が、やはりできつつあります。お金をかけてない店舗ですが、すっきりしておしゃれというのは共通しています。こんなお店が益子にも増えてゆくと、またおしゃれ度もアップして、いい感じになるだろうな~。

今の若者達は、小さい投資ですが、結構挑戦して自分のお店を出す人が増えています。挑戦しやすい益子町っていう環境整備も、やるべきだなと感じています。

 

 

投稿カテゴリー: 観光 | コメントを残す

塙・春日神社で御焚きあげ

昨年度から、それまで行っていたどんど焼きの代わりに、塙子供育成会では、春日神社での御焚きあげでを行っています。どんど焼きに比べれば、人もなかなか集まりませんが、子供育成会と厄年の方々が協力して行う行事として、定着させてゆこうと行っています。

今年は1月8日に行い、昨年同様、メインは【仮面ライダーと写真を撮ろう】というイベントです。昨年と変わったのは、ショッカーが増えたこと、メインの怪獣が登用したこと、アクションが加わったことです。これは画期的な進歩で、来年以降、さらなるショーアップが期待できる見込みを感じました。育成会がやる事業らしく、子供たちには大受けでした。ただし、ショッカーへのカンチョウ攻撃はとてもきついです・・・ホントに痛い!

餅つきも体験させて、みんなでおいしいあんころ餅やきな粉餅、雑煮を食べて、ライダーからお菓子をもらって、ショッカーをけっ飛ばして、小さい子には実に楽しいイベントになってきていると思います。来年はもう少し音楽を上手に使ってみようと思いました。御焚きあげ開催中は雅楽を流して、ライダーショーにはテーマソングを流してもっと盛り上げたい。

神社を、なにごと地域活動の中心に据えてゆくことは、いいことだと思っています。時代は変わっても、自分の住んでいる地域で楽しいことがいっぱいある方が幸せです。幸せの青い鳥じゃないですが、自分の一番近いところに幸せを見つけられるように、大人も子供も、地域で楽しめる環境づくりが、あちこちで広がっています。いいことだな~と思っています。

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌 | コメントを残す

3年目の、益子3中サミット開催

1月6日・7日にわたって、益子3中サミットを行いました。益子にある3つの中学校の生徒会役員が、12月にそれぞれ決まります。決まったばかりの生徒会役員の生徒たちに、1泊2日の研修を受けてもらっています。

ねらいは彼らの成長と、これから作る各校の生徒会活動をより充実したものにしてもらい、彼らを通して、ほかの生徒たちの意識の向上、ひいては町全体の将来性の向上を期待しています。具体的な内容は、地域で活躍している数名の大人たちから、彼らへのメッセージ性の強い講演をいただき、メインは、彼らが目指し作り上げる生徒会について、具体的に言葉にして模造紙に書き出して発表するというものです。

各中学校のPTA役員の方々と事務局の私で協力して、学校の行事でないところで運営します。先生方にあまり負担のかからないことを基本として、低予算で運営します。今年は3年間でもっとも多い子供たちを預かり、子供28人、スタッフ7名で行いました。

ほかの学校の子と一緒の部屋に泊まって、お互いの生徒会役員同士仲良くなって、今後切磋琢磨して成長してくれればと思っています。同じ益子で成長する責任あるリーダーたちが、連携をとれるようにしておくことは大切だと思っています。是非この機会を今後に活かしてほしいものです。

彼らが掲げた各生徒会の目標や行動計画は、今年の10月末頃にもう一度集まってもらって検証します。何ができて何ができなかったか、みんなの前で発表してもらいます。目標と実行とチェックのサイクルを体験してもらい、彼らのモチベーションが続いてくれるようし向けています。どこまで真剣にやってくれるかは未知数ですが。

大人たちが会社を休んで、自分お時間を裂いて、全くの無報酬で彼らの可能性をのばすために行っています。ちなみにスタッフ以外に講師の方も無報酬です。今の日本が決して良い状態ではなくて、今の大人もがんばって努力するから、次の時代の彼らにも努力できる人になってほしい。そのための力を付けてほしいと伝えています。君たちの日常に少しでも良い変化が生まれて、それがほかの生徒に伝わっていくことを、君たちリーダーに期待している。そのむこうに、きっと住み良い益子、持続可能な日本が広がっていると信じていると伝えています。

スタッフを始め、町の生涯学習課、教育委員会、先生方、講師のみなさん、生徒、保護者、みんなの努力は、きっと未来に花を咲かせます。    

お疲れさまでした。

 

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌 | コメントを残す

塙の春日神社“初”の2年参り!

神社で年を越すことを、2年にまたがって参拝しているので“2年参り”とも言うそうで、地元の塙・春日神社におきまして、今回初めて行いました。やってる本人たちは、初詣の方への甘酒やお酒の振る舞いを準備して行っているわけですが、縁起よく言えばこれは“2年参り”で、ご利益相当ありそうな気がします。

お祭りの仲間たちである“若組”が宮司に相談して今年からはじめました。お客さんは本当に少なかったけれど、年々増やしてゆくことを楽しみにできるスタートでした。神様もきっと喜んでくれています。何しろ昨年までは12時過ぎに初詣に行っても、防犯灯がついているだけで誰もいない境内でお参りして、ほかの方とすれ違うとしても2人くらいでしたから、あの寂しさからすれば大盛り上がりでした。

良かれと思うことを実行する行動力を持った若組の存在は、塙にとって大きな財産です。よき仲間とともに、大いに楽しみながら、次世代も楽しめる地域作りを、少しずつ仕込んでゆく過程が面白いです。

今年も良かれと思うことに気がついたならば、楽観的に取り組んで行けるように、みんなで協力して進みたいと思っています。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す