月別アーカイブ: 2011年10月

TPP交渉参加 賛成の理由

多くの政治にかかわる方々が、この件に関して態度を決めなくてはならないときに来ていますが、私は一貫して交渉参加に賛成の立場です。今までの交渉で、いったい何がどこまで討論されているのかを、実は日本は分かっていません。伝え聞く噂話のレベルで、懸念事項が声高に騒がれています。まだ決まってもいない条件に右往左往するだけで、自ら自分達の未来を切り開こうしない人が多すぎる。一般人なら仕方ないが、政治に携わる人達が、外交の戦場で戦おうとしない、更には戦いの邪魔をするのは、存在そのものが罪つくりです。好もうと好まざるとに関わらず、もう避けて通れない、関税撤廃が広がって行く世界自由貿易情勢の中で、多国間で決める今回のTPP交渉。おそらく今後のグローバルスタンダードとなってしまう条件が決まって行くその過程で、強国アメリカが自分勝手に決めようとする条件に対して、アメリカから誘われているという好条件をバックにして、我が日本が、TPP参加を表明している小国たちの利益を代表して、必死に我々にとって有利な条件をねじ込まなければ、この先の国際貿易戦争の中で、取り返しのつかない不利益を日本はこうむることになります。日本不在で決まったTPPの条件であったとしても、アメリカは今後それを世界標準としてしまうでしょう。今後はその条件を飲まなければ、アジアにおける自由貿易協定のもっとも大きな枠組みFTAAPにも、日本は入れなくなるでしょう。その条件を嫌い続ければ、激しさを増す自由貿易競争の中で、日本は孤立してしまいます。日本は孤立しては生きてゆけない島国であり、国民が飢えてゆくことになります。確かにこの関税撤廃の自由貿易時代における、日本の農業部門の生き残りビジョン作成は急務です。それを成し遂げる工程表・そこまでの補助策や支援策の提示は早急に必要ですが、それが決まるまで身動きが取れないようでは、日本は経済的に沈没します。今が瀬戸際だと気づいて欲しい。後ろ送りにできない状況であり、どんな反対があっても交渉参加を押し切らないと、日本は太平洋戦争に入って行ったときと同じ過ちを繰り返してしまう。

NHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」をご覧になった方はお分かりだと思うが、日本国政府は国力の違いすぎるアメリカとの戦争は出来る限り避けたかった。天皇陛下はもっと戦争を避けたかった。しかし、戦争消極論を唱える社説を書いた新聞社は、不買運動で国民から干されるし、ドイツとの同盟をせきたてる新聞、戦争早期開戦を謳う新聞はうなぎのぼりに売れるし、世論はマスコミとともに開戦一色に染まっていた。世間と軍部を敵に回せるような命知らずな強力なリーダーは、5.15事件や2・26事件を経たうえではそうは出ません。反対意見を冷静に聞いて判断する理性を失った思考停止状態の国民と、それに迎合して売り上げを伸ばし、偏った記事しか書かなくなったマスコミの相互作用により、日本は戦争から逃げられなくなりました。TPPの議論に関して、同じ構図が私には見えます。目の前の利益と不利益しか見えない国民と、それを面白おかしく騒いで注目を集めようとするコメンテーターや報道番組により、今のこの、日本の生死の瀬戸際という状況に気がつく人があまりにも少ないと感じています。

TPPに参加しようがしまいが、どうせ後で押し付けられる世界標準条件です。今後もっとも重要になるであろうFTAAP(アジア太平洋自由貿易圏構想)の条件もこれが基準になります。さすがにFTAAPに入らずには生きてゆけない我が国です。TPP交渉にも参加せずに、後で無条件でFTAAPに入れてもらうようでは、日本の将来は惨めです。だから基準が決まる前に、日本の今後の生きる道を残せるような条件を、他の小国と連携して必死で押し通す交渉をはじめなければなりません。これを避けることは、国家の自殺行為だと主張します。よってTPP交渉には今すぐ参加すべきです。

投稿カテゴリー: 私見, 農業 | コメントを残す

宮城県山元町でのボランティア

21日は、宮城県山元町へ、益子町社会福祉協議会のボランティア活動で行ってきました。社協主催のボランティアはこれで3回目で、3回ともご一緒しています。私は町民で不足が出たら行こうというスタンスなので、いつもすぐには電話せずにいますが、締め切り前に今回は社協からお誘いの電話が入り、きっと定数未達なのだろうと思い参加しました。総勢23人、でも、他のチームの倍は働くメンバーでした。毎回そうですが、益子のチームは平均年齢が結構高いのに、仕事の進み具合は怒涛のごとくです。今回も、若手社員を導入してきていた会社さんの仕事量の2倍以上はやったでしょう。そのかわり体はくたくたで、本日は腰から腕から痛くて動きが変です。見ていて思うのは、我々ほぼロートル軍団は、現地に着いたらすぐに、各々が指示なしでも動き出します。自分のやるべき所を自分で見つけて、流れ作業がさっさと始まります。終始全員に無駄がない感じです。比べて若手軍団は、同じところに皆が固まっていて、やる人と見ている人に分かれているような感じです。勝手に散らばらない、勝手に始まらない。これは大きな違いです。ですから遅れて入った私達が、人数も多い若手軍団の2倍以上の仕事を、しかも仕上がりも美しくこなしてしまったのです。次の日の体調はここでは計算に入れませんが・・。

山元町は、町の半分が津波で流された町です。全壊が2000戸を超えます。仮設住宅もあり、何千人も、避難生活を送っています。その方々が早く元の地域に帰りたくても、生活排水の側溝が埋もれていては帰るに帰れない。だからボランティアの方々にお願いしたいという思いを聞いてしまっては、みな、怒涛のごとく進んでしまうわけです。山元町は、ものすごく広い整備された田んぼが延々と続く農村地域で、第一次産業が最も多い町なのですが、田んぼは海の塩で米が作れず、しかし塩ヌキもなにも、相手がでかすぎてどうにも手がつけられないのが現状です。時間を相当かけないと、評論家やニュースキャスターが無責任にせかすようには、事は簡単には進みません。本当に人生を見直す、哲学的に物事を考えさせられる今回の大震災でした。

また、空いてたら、行こうと思います。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

天皇陛下のお言葉の謎・解消!

YOUTUBEで見られますが、天皇陛下からの被災地へのメッセージが3月16日に放送されました。その中で、私は、陛下が使われた「雄雄しさ」という言葉が、どうしてここで使われたのかが実は引っかかっていました。なんでだろうと頭に残っていたわけですが、先ほどある季刊紙を読んでいて、明治天皇の御製の句を見つけて気がつきました。明治天皇の作られた次の和歌になぞらえてのものだったのでしょう。「敷島の大和心の雄雄しさは 事あるときぞ現れにける」※敷島=日本。 今上天皇のメッセージでは「・・・そして何にもまして、この大災害を生き抜き、被災者としての自らをはげましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄雄しさに、深く胸を打たれています・・・」とつながっているのです。私はあと何十年かのうちに必ず死んでしまいます。長い歴史の上では、砂粒のような存在ですが、私の祖先も私も、そしてきっと私の子孫達も、ずっと天皇家から日々の暮らしの安寧を祈っていただいています。そんななが~いありがたさを感じた今日のうれしい“気づき”でした。

 

 

投稿カテゴリー: 私見 | コメントを残す

中田宏氏の講演会にて

昨日、宇都宮市で、前横浜市長・中田宏氏の講演会があり、友人の誘いで行ってまいりました。中田氏は日本全国ネットで後援会組織“万縁の会”を持っていて、その栃木県支部の主催講演会でした。なんといっても輝かしい政治履歴の持ち主ですが、今は要職にはついておらず、前杉並区長の山田宏氏とともに立ち上げた、日本創新党の活動を中心に動いています。私も最も気になっていた、中田氏のこれからの動きですが、講演会の質問に答える形でうかがえました。とにかく末期の日本の財政状況を、今こそ政治で大至急改善するべく、仲間を募っている状況のようです。彼らの旗印の元に、どれだけの力を集められるのか。党派を超えて事がなされることを、心より私も切望しています。このままの予算編成では、わが国の財政は、あと持って2年でしょう。発行国債がほぼ国内で消化できる状況は、2年足らずで終了です。その後は円の信用失墜。金利の急激な上昇と超円高、企業・銀行の連鎖倒産とハイパーインフレがやってきます。ガソリンが高くて買えない、食料が十分行き渡らないという、信じられない日常が近づいています。そこから立ち直るのは至難の業ですが、そうならないと一般国民が気がつかないとすれば、やむをえないのか。事が起きてからでないと制度やルールが大きく変えられないのか、出来ればその前に手が打ちたい。そんな思いで中田さんたちも頑張っていると思います。私も“その日”に向けて、準備を怠りなく、真っ先に行動できるよう鍛えなくてはなりません。ひとりで何をあせっているのかと見えるでしょうが、私にはこの悪いシナリオがリアルに3Dで見えすぎて怖いのです。

投稿カテゴリー: 私見, 議員日誌 | コメントを残す

栃木県町村議会議員研修会

宇都宮市で表題の研修会があり参加してきました。県内の12町の議員さん方が集まり、講演を聞きました。1人目は朝日新聞の編集委員・星浩さんで、政治課題について話してくださいましたが、吸収するところが少ない講演でした。私にとっては、新しい視点や気づきのほぼ得られない内容でした。1つ確認できたことは、やはりTPPは避けて通れないという認識です。私が更に言いたいのは、交渉に参加をして、日本の主張も堂々と突っ張る根性がほしいということです。関税撤廃が前提で参加しても、砂糖と牛肉の例外を主張するアメリカのようなしたたかさが日本にはない。無理を通す駆け引きこそ政治だと思う。

さて、2人目の講演は、テレビでもおなじみの須田慎一郎氏で、これは話し方も含めて面白かった。TPPに関しては、星氏同様避けられないという見解。円高の真の理由として、日本のデフレスパイラスが円での購入を割安にしているので、デフレが止まるまで円高は続くという見解。面白い!。自動車・家電・機械産業からの構造転換なくして日本の未来はない。国策としての新技術、ロボットやエコ技術やリニアや新幹線など、日本の強い分野を政治的に引っ張る必要性をといていました。私も同感。ボーイング787の炭素素材で出来た機体の話など、日本の世界で果たす役割を再構築して、新しい産業を伸ばしてゆく国策を急がないと、残された時間はわずかです。あわせて、私が大切だと思うのは、足るを知る価値観の増殖、欲求の少ない幸福観。さらには持続可能な目標平均年齢の設定、つまりあまり長生きを求めない、大人の社会づくり。もうそこまで切羽詰っているという事実を直視して、我々国民は大人の民族へと成長しなければならないのです。

私見がずいぶん入りましたが、財政状況が極めて悪い日本の状況の確認と、その対策を模索できた講演会でした。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

県議会 文教警察常任委員会を傍聴して

5日の県議会・文教警察常任委員会を傍聴してきました。前回は、県政経営常任委員会を傍聴しましたが、どちらの委員会も、初めての人はビックリすると思います。今後も他の委員会を見に行きますが、おそらく同じでしょうが、役所側の説明要員がものすごく多いのなんのって、前半後半あわせて80人くらい部屋に入ってきます。実際に説明するのは、部長さんや担当課長さんレベルが7~8人程度。時間も1部署20分~30分くらいでしょうか。質問も大した内容も量も出ませんので、この大勢さんは何のために居るのか意味を成していないので、実にもったいなく映ります。想定質問に対して様々準備をしているのでしょうけれども、議員側に其処までの準備・力量が整っていませんから、部課長で十分かと思います。どうしても必要になったら休憩をして、担当を呼べばいい。議員も役所側も、そのときは何時間かけてもいいつもりで臨めば、拘束される人数は数人でいいと思います。

それにしても、私が見た委員会を傍聴しているのは、前回も今回も私一人。委員会傍聴は実に面白いのに、もったいないですよ。一般質問よりよほど面白い。何しろ、議員さんと同等程度の資料が、傍聴者にも用意されています。それで説明を一緒に聞けるのですから、よく理解できます。県政に関心のある方には是非お勧めします。

県庁に行ったときには、他にも聞きたいことを聞きに部署に伺います。県と町の両方から情報を入れておくとよく見えます。これも、時々やっています。本当はもっとこんな動きができればいいのですが、3足のわらじを、時間割で履き替えている私ですから、どれも中途半端で、思うようにはなりません。中途半端では、どの商売も生き残ってゆけない現在ですから、それぞれの分野でドロップアウトしないように、それぞれ努力します。

 

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

濱田庄司スタイル展

益子の美術館・陶芸メッセにおいて、濱田庄司スタイルという企画展が始まりました。濱田の暮らし方から学ぼうという趣旨で、愛用品や手紙、収集品などを展示しています。田舎の暮らしと芸術の大切な相関作用を学び、心豊かに暮らすヒントを見つけられればということだと思います。改めて濱田の益子に来る経緯や来てからの活動を見てみますと、確かに行動的で常に進歩しようとするエネルギーに満ちていました。イギリスや沖縄・京都などの経験を経て、田舎の暮らしでの作陶活動を望み、益子に来てくれました。果たして、もし益子に濱田庄司が来ていなかったらと思うとぞっとします。そして、いつまで濱田庄司で引っ張れるのだろうと思うと、これもまたぞっとします。濱田が開いた、益子とクリエイター達とのつながりは、様々な分野で現在も進行しているし、また、新しいクリエイターも入ってきています。そんな彼らの活躍で、いずれは、“濱田もいた” と言われるような益子になれないかな~と思います。でないと、いつまでも濱田に頼らなければならない益子のままです。

濱田のような自給自足のような田舎暮らしは、確かに今日でもエコな生活で魅力的ですが、今思うようなエコ生活をする人のイメージと、当時の濱田の生活は一緒ではありません。大きく違うのは、濱田がとってもお金を使ったということです。土地は一山買って、建物は母屋以外にも何棟も建てて、庭師やら大工やらいつも屋敷には大勢入っていて、たくさんお金を使うとってもすごい旦那さんでした。今で言ったら、2億円以上は家屋敷に使っているでしょう。食事には職人さんも含めていつも十数人以上いて、持ち物にもこだわり、いわゆるモダンボーイの面もしっかりありました。その生活を支えるために、つまりは、好きなものを集めて好きな空間を作って好きな仕事をして好きなものを食べて暮らせるように、自分をプロデュースして作品の価値を高くしてゆく動きも、ずいぶん優れていたように感じます。焼物でこんなにお金を稼いで、こんなにたくさん使える能力に圧倒されます。造る力と売る力のどちらも優れている作家・濱田庄司。それを再認識したこの企画展でした。

 

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す