月別アーカイブ: 2010年12月

平成22年大晦日

今日で平成22年が終わります。新年初日の出とはいっても、今朝と同じように日が昇るだけなのですが、区切りがあるから人は日々を生き生きと過ごせるのですね。虫や鳥は区切りが分かりませんから、感動も分からないでしょう。決め事やルールがあるから刺激も工夫も感動も生まれるものです。特に日本は四季がはっきりしていて、それぞれの季節に行事やしきたりがあり、だからこそ文化的で、繊細な国民なのです。この国の美しさに素晴らしさに感動しながら、元旦を迎えたいと思います。そこそこですがプチ大掃除も済ませ、今夜の年越しそばを楽しみにしています。日本万歳!

来年が皆様にとってよい年でありますように。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

サンタの会8年目

24日は、益子・真岡の障害者施設を4箇所、サンタの会で今年も回りました。私の中学の同級生が、11年前にはじめた活動に、彼が亡くなる年から、私も参加しています。それまでも元司に誘われていましたが、彼が参加できない状態になってからやっと、彼の分までと思い参加したことを覚えています。乳児院や養護施設の子供たちへの訪問が、やはり一番心にこたえます。彼らはいろんな理由で、クリスマスを施設で過ごします。ほしがっていたプレゼントを、サンタの会は用意してくれます。普通の家庭では当たり前のことですが、サンタの会がはじめるまでは、ほしいプレゼントをもらえることはなかったようです。本物のサンタを信じている子はいないけれど、サンタの気持ちを持った大人たちがいっぱいいること、そしてテレながらも行動している大人たちがいる社会は、まんざら悪くなさそうだということを、伝えられていると思います。

障害者の方々からは、こちらが元気をもらっています。何しろ喜んでくれますし、純粋さに気持ちが洗われます。今年も元気をもらってきました。また来年もがんばろうと思いました。お互いに支えあっているのだと思います。人は支えあうことが必要です。それが幸せって言うものだと理解したら、幸せがいっぱい感じられました。幸せをいっぱい感じられる人を増やすためにも、サンタの会の火は、消してはならないと思いました。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

ハシノホームの仕事

DSCN2900DSCN2833DSCN2837

そういえば、このHPでは、めったに私がやっているハシノホームの仕事に関しての記事は書いてきていませんが、たまにはいいでしょう。12月は珍しく現場が重なっていまして、リフォームと新築が平行しています。勤めていた会社が倒産してから8年目ですが、何とか一人でもやってこれているのは本当に神のご加護だと思っています。

ほかにも、アパートや賃貸の紹介、土地の仲介などの不動産業もやっています。ご縁があった方だけしか仕事になりませんが、何かがないときには何かが仕事になったりという感じで、凌いできたように思います。やっぱり、神のご加護だよね。

今月は上棟を控えての忙しい動きでしたが、無事、上棟の運びとなりました。お施主さんも喜んでくださっています。一生に一回の大きな買い物を任せていただいているわけですから、よりよいものをより負担をかけずに造れるか、それはいつも意識しています。だから、毎日現場でよりよく変更しますので、大工さんも大変です。打ち合わせが遅い分のメリットということでしょう。勝手に自分を正当化していますけど。

いろいろな職人さんやお客様とかかわる中で、毎日学んでいます。政治も経済も、地道にがんばります。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

真岡が面白くなってきた。

DSCN2879DSCN2881

真岡市の昔から知られる繁華街、昔の旦那衆が遊んだ“門前”といわれる路地。しばらく寂れてしまっていて、私も過去のものという意識になっていましたが、最近は門前の空き店舗に、若者が店を出すようになり、今は6軒ほどの雑貨や家具、カフェにもんじゃなど、実に面白い空間になってきています。狭い路地でぐるっと一周できるので、まだまだある空き店舗に、若者の店が増えてくれば、かなり面白い路地になります。駐車場も無料の市営があり、真岡駅も近いので、面白い。新しい若者のおしゃれな路地空間ができるのは、益子より真岡のほうが早くなりそうです。益子も“里山通り”など期待できますが、狭いっこさで、門前は有利です。益子とは違うおしゃれ空間が期待できて、楽しみです。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す