月別アーカイブ: 2010年9月

下野市の小中学校音楽祭

私は石橋町(現下野市)出身ですが、同級生の下野市のPTA達が中心で、小中学校の合唱と合奏を披露しあう「第1回下野市小中学校音楽祭」を企画、25日に実施しました。キッカケは、PTA連絡協議会の懇親会で、それぞれの学校のPTA役員達が、自分のところの学校の合唱は上手いとか、いや、ウチのほうが上手いとか、自慢しあっていたので、いっそ交流もかねて、一同に集めようか!という勢いから始まったそうです。何でも勢いは大切です!

下野市になって5年。まだ交流が充分でないのが現状ですが、この音楽祭を通して、沢山の子供達の活動を通して、確かに交流は深まりました。準備は大変だったでしょうが、同級生のPTA役員達も、いい顔でがんばっていました。みんなで協力して1つの事を成し遂げる。それが子供達の未来へ繋がる。すごく意義があってやりがいのある活動だったと思います。関係した全ての皆さん。お疲れ様でした。

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌 | コメントを残す

9月・決算議会終了

2日から始まった第117回益子町議会定例会・平成21年度の決算を審議する議会が、13日に終了しました。3日が一般質問で、私は①入札改善について②公園の維持管理について③歩行者優先の道路改良について④下水道計画の推進について・以上4つの質問をしました。入札は調べてみると実に興味深いものです。一般に知られている①最低落札価格を設定するやりかた以外に、②低入札価格調査という、事後審査で正式に落札を決めるやり方がありまして、私は②の事後審査型の導入を勧めました。予定より安い応札があると、①は失格②は調べて大丈夫なら落札となります。つまり②の方が、安く上がるのです。また、①だと、最低落札価格情報をなぜか知っている業者にはかないません。入落札情報をずっと見ていますと、絶対知っていたであろう結果もあります。また、いつものメンバーしか指名になっていない入札は、どれも98%前後で落ちています。どう見ても談合が疑われます。今でもいっぱいあります。せめて87%くらなら、談合と突っ込まれないのに。いずれ改善を求めます。

22年度の補正予算と21年度の決算を審議した議会でした。詳しい内容は自治直言№19と20に分けて折り込みます。さすがにボリュームがあるので分けました。19号は18日に折り込みます。20号は少しゆっくりして、10月初旬に入れます。20号まで発行してから、webでもアップしますのでお楽しみに。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す