月別アーカイブ: 2009年7月

祇園祭り・初参加!


7月23・24・25日の益子町内の祇園祭に、今年初めて我が塙地区から参加いたしました。はじめの5人から随分仲間も増えまして、子供達中心のお囃子会もがんばってくれて、無事に乗り越えることが出来ました。街中にも場所をお借りできて塙の会所を開くことが出来て、自治会やシニアや地域の方々にも手伝っていただき、みんなで楽しむことが出来たと思います。地域の活性化には一役も二役もかっていると思います。これから更に毎年継続して育ててゆかなければならない活動ですので、楽しみながら真剣にみんなで取り組んでまいります。大過なく、楽しく終えることが出来たのは、本当に、良かった。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

福田富一栃木県知事フォーラムin益子

11日に福田知事が益子に来て、県政フォーラムを行いました。県の行政報告と、県民の声を聞くために、県内市町村を知事が回る事業です。4年前にも来ているそうです。今回は、県の財政健全化プログラムを発表した後ですので、削減される補助金のことがもっと出るかと思いましたが、ほとんど出ませんでした。道路の拡張や信号機の設置など、具体的な要望は出ましたが少ない方でした。知事の話で面白かったのは、栃木の県民性紹介で、何しろ健康的生活のランクが低く、脳血栓や肺炎で死ぬ人が多い。肥満は男女共にほぼ日本一で、運動能力は平均以下、テレビを見る時間も日本一、しかもしょっぱいの大好きという不健康ぶり。1000世帯中のピアノ所有率日本一、デジタルテレビも日本一買っているけど食費にお金をかけていない大物家財自慢主義。分かる気がするな~。

この県民性ですから、県政が財政危機に陥るはずですよね。この先の健康よりも今の楽しみ(テレビやしょっぱい好き)を重視する所は、財政悪化はとうに見えていたのに今日まで手を打たなかったのん気さ。ピアノを買う見栄っ張りからは、本当に必要かより他もやっているから持っているからやるという背伸び根性が伺えます。知事はそんなことで陥った財政危機を今回のプログラムで脱却しようとしています。この県民性は簡単には変わりませんが、理解したうえでうまく使えば、大衆を方向付けることは出来そうです。でも、こんな県民性では、確かに大物は出そうに無いですね。

福田知事はさくい人です。そして現実主義だと思います。ロマン派過ぎると現実は厳しくなります。借金が1兆円で1日に元金2億2千万円、金利5千万円を払っている。税収は400億以上下がり、平成15年に比べて750億円も国の補助交付金を減らされている、そして出口も底も見えない不況の最中で、夕張にならないようにどうしても必要な県民の理解を求めていました。

健康サロンを造って欲しいと言う意見に対しては、これだけ自然の多い益子なんですから、マシーンよりも、気持ちよく外を歩いた方が良いでしょうと返していました。大衆に迎合せずに信念を持って進む政治家は私は好きです。今回の健全化プログラムも是非骨抜きにならないよう、しっかり議論して決めていただきたいと思います。何かを引っ込めるならば代わりに何か削減提案を出さなければ引っ込めないくらいでないと、県は持たないと思います。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

がんばれ大田原市教育委員会!

ご意見の別れる内容では有りますが、私は大田原市の教育委員会には敬意を表します。歴史認識で議論の尽きない「新しい歴史教科書」を、平成17年に続いて平成21年も採用を決定しました。平成17年度には、大田原以外には東京の杉並区の中高一貫校、愛媛県の中高一貫校数校が採用したのみで、市町村立の普通中学校での採用は日本で唯一大田原市のみでした。すさまじい抗議があったであろうと思われますが、芯を通した立派な大人たちである教育委員会の皆様に触発されます。多くの大人や子供達が、信念をもって物事に誠実に対処する立派な大人達の後姿を見ています。そして自分もそう有りたいと触発され、どこかの場面で勇気を振り絞るきっかけになるのだと思います。

教育関係者に聞きますと、大田原の学業成績は県内でも高いそうです。相関関係はいずれつかめると思いますが、学業と自尊意識の相乗効果があることは既に公式に発表されています。また、下野新聞を購読されている方の多くが既にお気づきの通り、読者登壇の10代の声の欄への意見投稿は、圧倒的に大田原市の中学生が№1です。圧倒的多数です。自我の確立がよく促される教育がなされているのだと私は見ています。

下野の関連記事で、納得のいくコメントが載っていました。しごく尤もで、これでいいのだと思いました。在日韓国人の方々からすれば、この教科書で学ぶ在日の子供達が韓国に誇りをもてなくなるから、採用に反対する。方や日本人の誇りを持たせようと作った教科書を採用する日本人側。どちらも祖国を愛する純粋な発想で間違いはありません。但しここが日本であるが故に、日本の将来を託す日本人を育てる使命をもった教育の場であるが故に、その目的に沿った教科書が必要なのです。韓国においても中国においても、自国の将来を託す立派な国民を育てるための教育では、自国を優位に表現した教科書になるのは当たり前です。自国を最後まで守ってくれるのは自国民しかいないのです。自国を愛せない国民を育てることは国家的自殺行為なのです。この立場をお互いに認め合っているのが国際社会でしょう。アメリカにおいて原爆投下が日本国民を救ったと教えられているのも仕方ないのです。2種類の原子爆弾の人体実験だなどとは決して言わないのです。

今回もまだこれから大田原市は抗議などで騒がれるでしょうが、意志を通していただいてしばらくしたら、教育委員会を表敬訪問してまいります。そのときのご報告はまた詳細にお伝えしたいと思います。

投稿カテゴリー: 教育, 私見 | コメントを残す

第111回益子町議会臨時会より

8日に臨時議会がありました。今回は補正予算の審議表決が主でしたが、内容がお伝えしやすい興味をそそるものが多かったので、17日に発行の自治直言にも書く内容ですが、ここでお伝えします。

平成21年度補正予算1より

国の緊急経済対策として、国庫補助金が地方に配分され

ることとなりましたので、益子は1億6千4百万円の補正

予算を組みました。このお金で今回行う事業は、結局全額

国のお金で行うことになります。以下に主な内容を書きま

すので、ご確認下さい。

★公共施設地上デジタル放送共聴設備工事281万円

★ 〃 地デジ対応テレビ購入13台・123万円

プレミアム商品券町補助分(2回目)・2100万円

旧濱田庄司邸かやぶき屋根改修・350万円

道路舗装改修工事7箇所・3650万円

・北中星の宮線・大平北中線・生田目本郷線

・西明寺栗生線・菊池病院南線・前沢線・大沢里

防災無線補充500台・446万円

益子小学校建物体力度調査・368万円

★学校トイレ洋式化工事・1298万円

・益子小学校以外の小中学校の各階男女1箇所ずつ

★小中学校の先生用パソコン購入140台・2447万円

★小中学校理科教材用備品購入・730万円

★小中学校修繕工事・1434万円

 ・田野中・保健室外手洗い給水管・5教室床張替え

・電気安定機交換・保健室排水溝

 ・益子中・内壁ヒビ補修塗装・3教室床張替え

      ・換気扇修理・2,3階トイレ漏水工事

 ・七井中・給食用エレベーター・校長室脇玄関タイル補修

 ・七井小・ケヤキ4本伐採・外壁部分塗装・

      ・校舎北側道路舗装・来賓駐車場舗装

 ・西小 ・体育館への渡りローカ手すりフェンス塗装

      ・屋上フェンス手すり塗装・昇降口塗装

 ・田野小・校庭側溝フタ・普通教室サッシ窓水密工事

プレミアム商品券について

  6月8日のみで売切れてしまった1回目の商品券販売

の反省を踏まえたうえでの第2回商品券の発行が決ま

りました。今回は総額1億2千万円。内2千万円を町の

予算で補助します。発行元は商工会ですが、不公平感

前回ほど出ないように、町からも改善提案します。前回

とあわせて1億8千万円の商品券販売です。多くの町民

が、利益を享受できることとなるでしょう。これから詳

細は詰めるようですが、次回は列が長くならない工夫も

するようです。発売の時期は未定ですが、今回の期間が

終了した後に使えるようにするようです。

 

 

益子小学校建設計画に関して

多くの方が既にお気づきのとおり、今回の補正予算の使い

道の中に、益子小学校だけが入っていません。建替え工事

行うことで進んでいるからなのですが、事務手続き上問題

が出まして、なんだか進みが遅くなってしまっています。

当てにしていた補助金の変更を余儀なくされたのですが、

他の小学校に予算がついて補修が進む中で、最も老朽化

ている益子小がオイテキボリになっている現状を見れば、

なんとかして早く前進させなくてはなりません。建設検討

委員会に所属している私も出来る限りの努力をします。

投稿カテゴリー: 商工活性化, 教育, 行政改革, 調査報告, 議会活動報告 | コメントを残す

益子小学校検討委員会の経過

益子小学校の老朽化に伴い、建替えをしようではないかと言う建設検討委員会の第3回目委員会が6月30日に行われました。今回の検討課題の説明が始まりましたが、何しろびっくりしてしまいました。それまでは使えるはずであった補助金が、県と打合せをしてみたら使えないということがわかったといいます。代わりに別の補助金を申請したいので、新たに建物の耐力度調査を行いたいという話です。この調査に2ヶ月ほど掛かるということですので、全く足止めを食らうと共に、調査結果次第では、補助金額もがくんと減るような報告です。補助金が減れば1部補修工事で済ませるのか減っても全面新築にするのかまで話が戻ってしまいました。全面新築でここまで来て、やっぱり半分新築とはいかないでしょう!?事務方の不手際と言わざるを得ません。副町長の発言で執行部の方針は、全面新築で行く所存であることが確認できましたが、当初の資金繰りがぐらついてきました。議会としても新築で賛成多数と思われますが、いかんせん資金の裏づけが不明確では困ります。

たまたまその日の午前中に長野県川上村の中学校新築時の記事を読んでいまして、補助金を随分使った話だったのでお電話で聞いてみました。その後、林野庁、文科省、県庁に現在の補助制度を確認しましたところ、要望は締め切ってしまったけれども、何とかねじ込めば使えそうな補助制度があったので、取り急ぎまとめて午後の建設検討委員会に参考資料として持参しました。そこへ補助金危うしの話ですから、先程の資料を公表し、事務方にすぐ調べていただくように促し、その日の委員会は終了しました。

2日後に関係各課に確認したところ、その補助金に対して動いていなかったので理由を聞くと、補助要件の内装木質化をすることも、何も決まっていないので動けないのだと言います。少なくとも建設検討委員会の方々の了解は急ぎ私が取り付けようと、7月4日5日で役場関係の委員以外の了解は全て取り付けました。8日の臨時議会においても議会としての後押しをいただきたいと思い、全員協議会の中で提案しましたが、時間切れで協議できませんでした。しかし、改めて各課に確認したところ、実際に県と協議を始めてくれていたので、先ずは一安心しました。

緊急経済対策で出てきた定額補助金なので、いそがしいスケジュールですが額が大きいのです。うまくすれば何億円かにはなります。間に合って、実際に使える事を切に願っています。当初の補助金予定が狂っても、転んでも只では起きない根性が行政マンにも必要ですよね。夜討ち朝駆けの営業マン根性を育てる環境が役所には無いので、なかなか短時間での勝負事にはなれていないと思いますが、今回うまく行って、成功体験を積んでくれればいいと思っています。

投稿カテゴリー: 教育, 調査報告, 議会活動報告 | コメントを残す