月別アーカイブ: 2009年5月

チャレンジデー勝利

27日は今年で2回目の参加となるチャレンジデーでした。町内で15分以上運動をする人数が、町の人口に対して何%いったかを、参加する他町と競い合うイベントで、今年の対戦相手は埼玉県の小鹿野町と広島県の竹原市でした。三つ巴の戦いでしたが昨年同様勝利することが出来ました。笹川スポーツ財団が主催するこのイベントの目的は、これをキッカケに、日常の運動を習慣付けてもらおうということです。

笹川といえば、故笹川良一さんがですが、私は笹川良一さんのお世話を半日だけやったことがあります。平成3年ごろと記憶しますが、日本吟剣詩舞振興会の大会が宇都宮であった時に、大会委員長だった父に言われて、振興会の会長である笹川会長の控え室へのご案内や控え室前での要務係りとして待機するお役目をいたしました。当時すでに90歳を超えていた会長ですが、印象的なのは、トイレでおしっこをしながら軍歌を歌っていたことでした。SPが2人ついていて、足元のおぼつかない会長のお世話をしていました。私が子供の頃の“一日一善”“戸締り用心日の用心”のおじさんでしたし、政界財界のドンとして君臨した方に身近に接せられたことは印象深いです。今も笹川会長の残した旧日本船舶振興会、現日本財団の支援で設立した笹川スポーツ財団にお世話になっている事を思うと感無量です。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

県の財政健全化プログラム発表

18日に健全化プログラムが公表されるということでしたので、宇都宮に行くついでに県庁によって来ました。財政課で聞いたところ、明日HPに載るデータが一番詳しいとのことでしたので、プレス対応などの話だけして戻ってきました。

本日内容をHPでチェックしましたが、25年までに毎年300億円以上削減する計画で、主なものは職員の人件費100億です。25年までに計画通り行けば、職員の給料は元に戻す計画になっています。25年までの3年間で、経費減と増収で給与以外で300億円改善させようという計画は、後半特に数字の無理が見受けられます。詳しく県のHPで見られますので興味のある方はご確認下さい。

様々な分野での補助事業縮小や廃止が提案されていて、それぞれに困ったものも多いのですが、私が特に気になるのは、教育関係の事業です。下記のような事業補助の縮小・廃止は白紙にしていただきたい。職員の給与削減を、25年度以降も継続してでも削らないのが筋と思っています。民間の給与減ボーナス減に比べれば、0.5%減などは減らないに等しいくらいですから、続けて当たり前と考えます。

・スクールガードリーダー配置経費削減

・中高生の関東、全国大会への交通費助成廃止

・米飯給食回数拡大、地産地消拡大支援廃止

・スクールサポーター推進事業費削減

・海浜自然の家宿泊体験事業のバス代助成廃止

・中学、高校図書整備費用削減

投稿カテゴリー: 教育, 行政改革, 調査報告 | コメントを残す

憲法記念日

5月3日が憲法記念日ですが、今年は4日にスライドしました。憲法記念日にあたりまして、多くの方々が本日仕事休みになっているわけですが、国民の祝日は現在年間15日あります。今日も含めて、皆さんは旗日に国旗を玄関や門に出していますか?最近めったに見なくなってしまいました。私が子供の頃は、まだ結構見ていた記憶が有りますが、最近は我が家の近所で国旗を出しているのは我が家だけです。古道具屋さんで見つけた厚手の生地の国旗で、日の丸の赤い部分が別布で白との縫いあわせになっています。金と白黒のポールもセットで大きいです。日本に生まれ日本で生活をし、親子代々日本国に守られている身ですから、国家の一員として、この国の永続を願わずに居られません。しかも祝日に休ませて頂いている我が身としては、国旗を出さないという不義理不誠実は、自分の生き方の理想からはずれ、めざす人格の形成にマイナスに作用します。逆に国旗を出すことによって、自らの自尊意識は維持されているように感じます。中庸に思考してみれば、国民が国の祝日を祝うのは当たり前であり、行為として国旗を家に掲げることは世界標準であると考えます。人は決して個では生活できない事を知って、共同体としての国があることが己の存在の大元であると気づければ、行為は自ずと私と同じになるはずです。1日ずれた憲法記念日に子供をつれて渋谷に行ってきましたが、渋谷駅ハチ公口前のスクランブル交差点には、しっかりと日本国旗が飾られていました。日本全国このようでありたいものです。

 

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

れんげ畑で地元のイベント

今年で2年目ですが、休耕田を利用して、れんげを咲かせるイベントに参加しています。塙地域の有志がつどい、子供達も一緒にれんげ畑で遊ぼうというものです。当日は大人も子供もお囃子で遊んだり、お酒を飲んだりして楽しみました。れんげの花も写真に取ればよかったのですが、私もいい感じに酔っ払っていましたのでほとんど写真ナシでした。来年は綺麗なれんげをお見せします。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

小学校視察

30日に真岡市久下田小学校と芳賀町芳賀南小学校に視察に行かせて頂きました。益子小学校を改築するための視察ですが、両小学校とも大変立派で、大変参考になった部分も沢山ありました。私の最も強い印象は、どちらも益子には大きすぎるという印象でした。設備の立派さと児童の質の高さはイコールではないと思っていますので、益子にはここまでの大きさは必要ないと思います。両校とも鉄筋コンクリート造りですが、木を意識して腰板などに使っています。私見ですが、益子はもっともっと木を使いたいですし、場合によっては最新の木造建築構造でも良いのではないかとも思っています。しかし、最も大切だと思うことは、将来を各学年3クラスと見るか2クラスと見るか、地域がどう使うか、学校建設に本来必要な地域の未来予想図を検討することです。そうあって欲しい予想図でありません。大きな投資をするわけですから、できるだけ確実性の高い予想図です。連帯保証人に自分が実印をついても良い予想図です。その予想図作りから議論を深めてゆく必要性を感じておりますので、議会としても、建設検討委員会とは別に、議論する場を再度設けることになっています。

西郷隆盛いわく「文明とは正義の広く行われることである。豪壮な邸宅、衣服の華美、外観の壮麗ではない」

投稿カテゴリー: 教育, 議会活動報告 | コメントを残す