議員日誌」カテゴリーアーカイブ

福島県の新地町から行政視察来る

福島県は浜通りの最北端の町、新地町から広報委員会の議員さんが5名来町してくださり、議会便り編集委員の副委員長として私もお迎えをいたしました。新地町の議員さん方は実に勉強していると感じました。議会活動もこちらが教わることが多く、私は大変刺激を頂き、勉強になりました。議会便りも町民が読みやすいように自分達で工夫を重ねていますし、編集の様子を伺っても益子は大負けしております。他にも一般質問は毎回16人中8人程度は質問していますし、〈益子はこのところ16人中3から4人)委員会活動もほぼ毎月町内の各現場視察や勉強会をしています。〈益子は自主的には研修旅行ぐらいでしょうか)議会便りの発行も定例会終了後1ヶ月ほどで出しており、更に早める研究中だそうです。〈益子は定例回終了から約2.5ヵ月後)人口8000人ほどで2500世帯の小さな町ですが、火力発電所もありほぼ地方交付税の不交付団体なのですが、やはり箱物を持ちすぎているようで維持費には頭が痛いようです。それにしても財政力は益子より大幅に良いのですが、議会便りの発行経費を聞いて驚きました。カラー2ページ2色14ページで、2500部作って税込み約7万5千円。同じものを益子の単価で作ると18万1千円。約2.4倍高いのです。もし新地町の単価で益子の議会便りを作成したら、年間で約100万円経費が浮くことになります。全てが同条件とは思えませんが印刷の仕上がりや紙厚等比べても遜色ありません。ショックです。他の広告物や町の消耗品等の納入単価を調べて行くといったいいくらの違いが出てくるのか恐ろしくなりました。何しろ様々気づかされる訪問であり、新地町の議員様方には大いに感謝いたします。改革を新たに決意させられた1日でありました。

投稿カテゴリー: 行政改革, 議員日誌 | コメントを残す

〝東京de寺子屋〟2回目の参加

26日に田園都市線の駒沢大学駅近くの会場で、今年初の〝東京de寺子屋〟があり、参加してきました。今回は聖徳太子について学びました。日本人が最もよく知っている歴史上の人物は聖徳太子です。以前の1万円札の顔でしたが、いずれ発行される予定の5万円札10万円札のために今は温存されているそうです。17条憲法を始めて全文読みました。太子の功績を多く学びましたので、よく復習します。今回の参加者は25名ほど。年齢も20代から60代まで老若男女様々です。皆さん先ずは自ら学んで、いずれ他へ広げてゆきたいと思っている方々です。今回たまたま隣の会場の来賓で来ていた竹本忠雄先生が、10分ほどお話をしてくださいました。先生の親友のフランス人、故アンドレ・マルロー氏が、伊勢や熊野の神々しさと信仰の深さに心酔した話をしてくださいました。竹本先生は著名なフランス文学専門家でフランスから文芸騎士勲章を授与されています。日本の皇室とも親交が深く、皇后陛下のお歌をフランス語に訳した本が出版になるそうです。寺子屋の活動にエールを送るべく顔を出してくださいました。多くの心ある方々が、日本を〝どげんかせんといかん〟と感じ、行動を起こしています。私もピッチを上げて頑張ります。

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌 | コメントを残す

笠間の初窯市

笠間の初窯市を見てきました。同じ時間帯の益子の人手と比べてみたかったので行きました。陶器のお客様は圧倒的に益子が多いです。観光バスも益子には来ていましたが笠間では見かけませんでした。売上がどのくらい差があるのかは分かりませんが、笠間のお客様は確実に何点か買っていましたが、益子は手ぶらの方が多かったように思います。個人的趣味からすれば、私は笠間焼の方が薄手でアーティスティックなので好きです。現代の生活空間には笠間焼きの方がフィットすると思います。益子焼を好む年齢は総じて高目です。この層に好まれる売り方やイベントが効果的でしょう。しかし時代には沿っていません。どうすればいいか?・・共販センターなどに何年も在庫で置いてあるものは、換金を主目的にして1個250円5個で1,000円更にそれ以上安く売るくらい思い切りましょう。商売の基本はTVのCMでもやっているように、選択肢が多すぎると顧客は何も決められずに帰ってしまうのです。そして売り場も倉庫も空いたスペースを作ることです。心と一緒で余裕がないと新しいことは入りません。在庫をどんどん捌いて旧態依然の作品は空っぽにしてこそ初めて、新しいニーズに沿った益子に変わってゆけるのです。今益子に必要なのは思い切った在庫処分・換金セールであると感じた今日でした。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

年始に思う

平成20年がスタートいたしました。今年はまめに書きこむ所存ですので監視の程よろしくお願いします。さて、年始の行事として初詣に多くの人が繰り出します。私はここ4年ほどは毎年和服を着て初詣します。以前に比べて和服での参拝者はめっきり減りました。こんなときしか着る機会が無いのと、正月気分を他の参拝者が味わえるようにとの思いで着ています。自分が他者の役に立つように常に行動できる年にしたいものです。とりあえず2日には、嫁さんの実家で風呂掃除を2時間やりました。嫁さんはトイレ掃除。老夫婦2人暮らしなので掃除が容易ではありません。気になっていたので道具を持って年始の挨拶がてらやっつけてきました。この調子で毎日人様のお役に立ちたいと思います。

明日から役所も動き出します。正月の収集をしたゴミ処理場の様子を確認しに行き、その処理の状況をチェックします。最大どこまでの処理能力が今後のゴミ処理に必要なのかを考えるデータを取ります。24時間フル稼働してもしばらくは処理しきれない量が来るそうです。減らさなければならないゴミですが、大衆の意識が反映する現実を把握してきます。

投稿カテゴリー: ごみ問題, 議員日誌 | コメントを残す

とうとう暮です

とうとう暮になってしまいました。書き込みもずいぶんサボって要る間に、とうとう暮になってしまいました。これも私の不徳のいたすところ。頭でっかちで行動の伴わない状況を露呈してしまいました。書き込んでいない間のことは、自治直言のコ-ナー見てくださるようにお願いいたします。

明日からは平成20年。こまめに書き込むことを目標として行動して行きます。今度は写真も入れましょう!1月6日に自治直言№4が発行になります。発行から数日中にはHPにも4号をアップしますのでご覧下さい。本年は多くの皆様にお世話になりました。来年も変わらぬご支援賜れますよう働いてまいります。本年は誠にありがとうございました。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

平成18年度益子町決算内容について

9月の7日から21日までの議会で、H18年度益子町決算書を審議表決しました。年々厳しくなる決算内容ですが、多少の解説は次回(11/2)発行の自治直言にて行います。HP上でも自治直言が見られますのでご確認下さい。H21年度が借入返済のピークなのでそこまでは決算の数字は悪くなる一方の予想が立っていますが、その先も私は疑問視しています。理由は次回の自治直言でお伝えします。基本的に私が議員として知りえた内容は“不都合な真実”であっても皆さんに公表してゆきますので興味を持って見てください。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す

栃木県教育委員会定例会(移動教育委員会傍聴)

本日宇都宮で移動教育委員会があり傍聴できるというので行ってまいりました。傍聴者の数は20人程度で少なめでしたが、意見交換は時間が足りないほどでした。委員会報告事項で興味深かったのは、今年度から新たに“とちぎ教育賞”なる表彰制度が始まり、顕著な教育効果を上げている教育関係職員が今年は50名表彰されるそうです。大いにやったほうが現場の士気が高まります。非常によいことだと思いました。意見交換では様々な改善提案や提言が出まして、教育委員の皆様は、真摯に受け止めてくださいました。私は、とちぎ教育賞の対象者に是非“道徳教育”で頑張っている先生を選んでくださいとお願いしました。また、県のスローガンの“とちぎの人間力を高める”あわせて教育分野での重点項目“道徳教育充実”のために、学校で教える道徳教育と、地域家庭で教える道徳教育が同じになるよう、共通の言語が欲しい。昔で言えば“父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し朋友相信じ”はどの世代も教わった国民共通の価値観であり、道徳の共通言葉でした。現代に合った“道徳の共通言葉”を学校・家庭・地域で共有し、家庭や地域でもその共通語に沿った様に自らを改善し、子供達をしつけてゆかなければならないでしょうと、提言いたしました。

投稿カテゴリー: 議員日誌 | コメントを残す
ページ:  1 2 3 ... 35 36 37 38 39