行政改革」カテゴリーアーカイブ

4月の統一地方選に向けてやっと準備開始!

 

4月の統一地方選挙で、再度、益子町議員にさせていただきたくて、今、リーフレットを作っています。伝えたいことを書き出していますが、大体固まってきました。実際にはイラストが入り、カラーになって、見やすいレイアウトのものになりますが、内容は以下のものを短く伝えたいと思っています。ご意見がございましたら、遠慮なくコメントください。大いに学ばせていただきます。準備が遅いくらいですが、急いで頑張ります。

長岡けいすけ

《これから行いたいこと》

テーマ;益子をもっと住み続けやすい町にしたい

先ずは、子育てを全面的に応援する。働く場を増やす。助け合いネットワークを広げる。

☆子育ての環境・子供の学習環境の向上に全力で取り組む

①・アンケートでいつも上位の、雨でも子供を遊ばせられる児童館的な空間造り。

②・公設の児童公園を新たに整備。古い民設の児童公園をリニューアル。

③・学力向上はやっぱり大事。力を入れます!特に英語力は大いに伸ばす!

④・各地域にしっかり学べる空間(図書館・図書室)を整備・充実させる。

⑤・病児病後児保育も含め、保育の現場をしっかりサポート!親も園も応援します!

☆行政も積極的に関わって、官民挙げて、働く場所づくりを支援する

①・生ごみを発酵させたガスで発電するバイオマス発電プラント(予算4億円程度・新潟県村上市で稼働中)を造り雇用を増やし、売電収入を得て、発生熱をハウスで使い農業収入も得る。ゴミからお金を生み出し、町内の雇用と総収入を増やす。

②・間伐材などを活かしたペレット燃料工場(予算2億円程度・牛久市は実行)を造り雇用を生み、ペレットストーブやボイラー導入の補助も行って、エネルギーの地産地消・エネルギー自立圏づくりを目指します。

③・共同で使える食品加工所も必要、工業や商業も、自立・独立を大幅に支援したい。 

☆・増加する町内高齢者や生活弱者を、地域で支え合う民間活動を各地域で醸成し、大幅に支援して活動を支える。

 ①・国の考えでは不足する、高齢者や要介護者を含む生活弱者に対するケアを、益子らしく、ご近所単位で助け合える仕組みづくり。地域通貨も活かせます。 

他にもたくさん・・・・ 

☆・農業振興策と定住対策を組合わせ、日本で最も新規就農しやすい制度や仕組みを創る。 

☆・美しい益子と益子焼の魅力を向上させ、外国(欧米中韓など)に積極的PRを行う。 

☆・都会や外国人の観光客をさらに呼ぶ為に、インターネット環境(WiFiなど)整備。 

☆・町民がより住み続けやすくなる制度や施策を優先した予算配分に改め、事業の見直しや、国県の制度などを十分利用して、必要な財源確保に努める。  

長岡けいすけ 議員7年間の功績

☆塙地区の下水道エリア参入(H22年3月決定)に貢献

☆益子町議会副議長として広域議会(ゴミなど)に貢献

☆議会報告(自治直言)37号発行。情報提供に努める。

☆一般質問26回・78項目を質問(現職議員中最多)。

☆自治会防犯灯の電気代助成制度導入に貢献

☆町民会館テニスコートの補助金4800万円獲得に貢献

☆各小学校教室の暑さ対策(せめて扇風機の導入)に貢献

☆公共施設の電気代を安くする新しい電気契約に貢献

☆議会議事録のホームページ上での情報公開実現に貢献

☆町ホームページの無償改修、SNSの情報発信に貢献

☆3中学校の生徒会交流研修(3中サミット)開催に貢献

☆ほか、道普請・交通安全設備などの要望実現に貢献

 

 

 

投稿カテゴリー: 商工活性化, 教育, 福祉, 行政改革, 観光, 農業 | コメントを残す

岐阜県下呂市にてペレットストーブ講習会

P1010544P1010521P1010549ALCOTT_Black-Fire

 

ペレットストーブのメーカー講習会に行きました。下呂市って少し遠かったのですが、車で行って、帰りに我が家のストーブを1台乗せてきました。売るのに自分で使っていないと押しが弱くなるし、使う喜びも苦労も解らないとね。ペレット製造工場も見学しました。東濃桧(とうのうひのき)というブランドもあるのでこの辺は林業が成り立っています。木の端材もカンナ屑も、大きなプラントでペレットにして、温泉のボイラーや家庭ストーブの燃料として活かされています。我が八溝山系の豊富な木材資源をこのように活かして、エネルギーの自給自足をやっぱりやりたいな~と思います。先ずは使う人を増やさないと工場できないし、この冬からペレットストーブを売りに歩きます。炎に興味のある方はごぜひ連絡ください。暖かくて経済的な暖房で冬の夜長を楽しみましょう。

投稿カテゴリー: 商工活性化, 行政改革 | コメントを残す

くまもと視察

10月2~4日に、芳賀広域議会の研修旅行で、熊本県に行きました。広域議会とは、芳賀郡の1市4町で共同で行う事業、ゴミ焼却や火葬場運営、消防・教育・採用・研修、真岡鉄道や公設市場補助などを行う広域事務組合の議会で、構成市町の議会議長副議長で組織されています。その研修旅行が年に1回あって、私は初めて参加しました。

熊本は植木町にある健康施設『かがやき館』を運営する、(株)くまもと健康支援研究所の松尾代表の話を聞きました。行政から疾病予防に関する仕事の外部委託を受けて、医療機関と情報を共有化し、スポーツジムで必要な運動をプログラムして、管理された食事も提供する。ジムに来ればポイントが溜まり、50点で1000円の商品券として地域の商店で使えるという、医療・行政・民間・商店が連携して、医療費高騰や商店街の再生、雇用の創出などの社会問題解決に挑んでいる状況を伺いました。

平成18年からスタートし、今は1省庁2課1県31市町村8団体と契約して、様々なサービスを提供しています。39才の松尾社長が母校の熊本医大生時代に立ち上げたベンチャーから大きくなったので、同じようにすぐ真似できることではないと直感しますが、標準化して横広がりを意識して活動してくれていますので、今後の広がりに期待したいです。少子高齢化・良くても横這い成長社会において、社会保障を国が丸抱えではやって行けない中、民間の可能性がいま試されています。大いに期待しています。詳しくは http://www.kwsi.co.jp

次の日は宇城広域連合の火葬場『龍燈苑』を視察し、最新の火葬場について学びました。芳賀広域も近々火葬場は建て替えなければならない時期なので、参考にしました。3日目にはSL人吉号という、人気のSLに乗り、真岡鉄道との違いを存分に学びました。さすが全国的に人気になるだけはあって投資もしているし、、とても大きく真似することは出来ません。

それにしても、広域の議員さんで様々学んで来ましたが、果たして広域行政の執行にどれだけ活かせるのでしょうか?私は皆無だと思います。身内の真岡鉄道旅行センターのたぶん言い値の旅行代で、付き添いのみの広域の職員も1人連れて、議員団10人が何かは学んだでしょうが、各議員が能動的に地域医療の社会問題解決に動き出したり、火葬場の計画に知識を活かして入っていったり、SLの乗客増加に個別の提案や改革を持ち込んだりする事は無いでしょう。構成員の懇親にはなっても、広域の末端の市町民の実役には、何も立たないと予想します。この準備や精算に職員がどのくらい働いたのか、それもむなしい時間だと思います。

平成になって早4半世紀、市役所や町役場は、昭和のルーズなお金の使い方は、既にだいぶ改善されていると思いますが、一般に見えづらい一歩奥の公務員の世界は、天下りも含めて、仕事の中身もお金の使い方も、高度成長期の昭和のまま、ノーチェックで流れてきていることが多い気がします。何か改善できる糸口はないか、研究してゆきます。

投稿カテゴリー: 行政改革, 議会活動報告 | コメントを残す

大阪W選挙・維新の会快勝おめでとう!

本日の大阪府知事・市長選挙の開票速報が出た。大阪維新の会・橋本氏、松井氏両名の快勝となったようです。これで大阪は戦後長きに渡って解消されなかった2重行政の無駄や、硬直した利権構造を崩してゆける道筋が出来た。同時に、それら権力の手先となってきたくされメディア・くされ報道陣との戦いも、完全勝利となった。大阪都構想の実現には、市廃止への住民投票の過半数が必要だったり、かなりの機関の統廃合など、様々な山がごっそりあるが、この流れが大きく支持された今回の選挙結果という事実は、誰も否定できません。大阪の人たちがまともな判断をしてくれて本当に良かった。混乱や一部の犠牲は避けられないが、もう、今までのような政治も権力構造も機能できない大阪に、日本になっていることを、我々は理解しなければなりません。効率の悪い制度や慣例には経費をかけられない財政であり、過去の権威に役職をあてがう余裕もないのです。シンプルに、見やすく、過程の短い行政が求められる時代だと思っています。大阪からそれが実現する。そう信じられる光が見えた選挙結果です。私も信じた道を貫きたい。大阪に負けたくない。そう強く思った夜でした。

投稿カテゴリー: 行政改革 | コメントを残す

事業仕分けの終了をうけて石井紘基氏を思う

27日に行政刷新会議の事業仕分けが終了しました。公開で行われ、延べで2万人以上が傍聴に来たようです。この模様を会場でTVで見た多くの方は、特殊法人などの天下り先がいかに無駄な中間搾取しかしておらず、ただ役員報酬を取るためだけの組織となっているかを知ったところですが、同じ中間搾取は多くの政府系法人で行われており、さらに下請け孫請けのファミリー企業も搾取を繰り返し、そのお礼に自民党へ多くの献金をしています。この辺は事業仕分けでは証されていませんでしたが、これらの腐敗した仕組みは、政権交代がなければ多くの方に知られなかったわけです。私はこのような仕組みを1年前に一冊の本から知りました。石井紘基さんという民主党の衆議院議員が2002年2月に出した本です。石井さんはその年の10月に右翼に刺殺されてしまい、定価1700円のこの本も絶版となり手に入りづらく、私は昨年ネットで1万円強で求めました。特別会計という国民の目に触れづらい財布を通して好き勝手に税金を無駄使いして、天下り法人をつくリまくり、自民党への献金ルートを同時に造る政と官の公式横領制度。細かくその内訳を調べ上げ、丁寧に解説してくれているこの本の中身の一部が、今回の事業仕分けで国民の皆さんに広く知れることになったわけです。石井さんを殺した犯人は無期懲役で拘置所におりますが、今年の2月に拘置所から、実は人に頼まれて殺したことを告白しています。さらにヤミ金融と政治のつながりを暴こうとして殺されたようですが、石井さんの不正に対する徹底した調査とそれを公表する勇気は、私のあこがれとするところです。石井さんの指摘が7年経った今ようやく改善されようとしています。とはいえ事業仕分けの段階は、やっと改善のスタートに立ったくらいのところです。大きく実って欲しいと思います。出来ればすぐにでも東京へ行って、不眠不休で手伝いたいくらいです。

投稿カテゴリー: 私見, 行政改革 | コメントを残す

芳賀町役場の植え込みがチョーきっちり!

 《芳賀町庁舎前》

益子庁舎周囲植込  現在の益子正面植込  昨年の正面植え込み      

先日調べ物があって芳賀町役場に行きましたが、入り口の植え込みのカットに感動しました。きっちり刈り込んであってきれいです。あわてて益子町の入り口を見に戻りました。昨年は正面もボサになっていましたが、正面だけは何とか格好ついていました。周囲の植え込みも小綺麗に程度なら職員で十分できるので、ローテーションを組んでやって欲しいですね。私も橋本産業時代には、本社に5人しかいなくても周囲の植え込みはきれいにしていました。今は刈り込みのコンパクトな機械があるので簡単で早いのです。役場庁舎には120人以上いるんだから、ローテーション組むのは造作ないはずです。現在の正面植込みがすっきりしたのは、神田さんという町民が一度綺麗にしてくれたのを職員が維持してくれています。まだ周囲はぞんざいなので残念です。美意識向上にはまずここからでしょうね。

投稿カテゴリー: 行政改革, 調査報告, 議員日誌 | コメントを残す

第111回益子町議会臨時会より

8日に臨時議会がありました。今回は補正予算の審議表決が主でしたが、内容がお伝えしやすい興味をそそるものが多かったので、17日に発行の自治直言にも書く内容ですが、ここでお伝えします。

平成21年度補正予算1より

国の緊急経済対策として、国庫補助金が地方に配分され

ることとなりましたので、益子は1億6千4百万円の補正

予算を組みました。このお金で今回行う事業は、結局全額

国のお金で行うことになります。以下に主な内容を書きま

すので、ご確認下さい。

★公共施設地上デジタル放送共聴設備工事281万円

★ 〃 地デジ対応テレビ購入13台・123万円

プレミアム商品券町補助分(2回目)・2100万円

旧濱田庄司邸かやぶき屋根改修・350万円

道路舗装改修工事7箇所・3650万円

・北中星の宮線・大平北中線・生田目本郷線

・西明寺栗生線・菊池病院南線・前沢線・大沢里

防災無線補充500台・446万円

益子小学校建物体力度調査・368万円

★学校トイレ洋式化工事・1298万円

・益子小学校以外の小中学校の各階男女1箇所ずつ

★小中学校の先生用パソコン購入140台・2447万円

★小中学校理科教材用備品購入・730万円

★小中学校修繕工事・1434万円

 ・田野中・保健室外手洗い給水管・5教室床張替え

・電気安定機交換・保健室排水溝

 ・益子中・内壁ヒビ補修塗装・3教室床張替え

      ・換気扇修理・2,3階トイレ漏水工事

 ・七井中・給食用エレベーター・校長室脇玄関タイル補修

 ・七井小・ケヤキ4本伐採・外壁部分塗装・

      ・校舎北側道路舗装・来賓駐車場舗装

 ・西小 ・体育館への渡りローカ手すりフェンス塗装

      ・屋上フェンス手すり塗装・昇降口塗装

 ・田野小・校庭側溝フタ・普通教室サッシ窓水密工事

プレミアム商品券について

  6月8日のみで売切れてしまった1回目の商品券販売

の反省を踏まえたうえでの第2回商品券の発行が決ま

りました。今回は総額1億2千万円。内2千万円を町の

予算で補助します。発行元は商工会ですが、不公平感

前回ほど出ないように、町からも改善提案します。前回

とあわせて1億8千万円の商品券販売です。多くの町民

が、利益を享受できることとなるでしょう。これから詳

細は詰めるようですが、次回は列が長くならない工夫も

するようです。発売の時期は未定ですが、今回の期間が

終了した後に使えるようにするようです。

 

 

益子小学校建設計画に関して

多くの方が既にお気づきのとおり、今回の補正予算の使い

道の中に、益子小学校だけが入っていません。建替え工事

行うことで進んでいるからなのですが、事務手続き上問題

が出まして、なんだか進みが遅くなってしまっています。

当てにしていた補助金の変更を余儀なくされたのですが、

他の小学校に予算がついて補修が進む中で、最も老朽化

ている益子小がオイテキボリになっている現状を見れば、

なんとかして早く前進させなくてはなりません。建設検討

委員会に所属している私も出来る限りの努力をします。

投稿カテゴリー: 商工活性化, 教育, 行政改革, 調査報告, 議会活動報告 | コメントを残す
ページ: 1 2