未分類」カテゴリーアーカイブ

議員研修

10月3日4日と益子町議会の研修で、埼玉県の蓮田市と、千葉県の鋸南町に行ってきました。蓮田では、就学前の子ども子育て事業が教育委員会内にあるという、そのメリットデメリットについて学び、鋸南町では民間の企業が行政の遊休設備を借りて活かす事業を学びました。どちらも良い研修対象でした。事務局に報告書は出しますが、やれることはまだまだ有ると知りました。継続調査して、今後の活動に活かします。帰りは道の駅や直売所へ何ヵ所も寄りながら戻ってきて、行列のできている道の駅もありました。特に保田小学校という廃校を使った道の駅はなるぼどでした。みんな個性があってために成ります。

 

投稿カテゴリー: 未分類, 議会活動報告, 議員日誌 | コメントを残す

小泉の夏祭り

塙若組にお手伝いのお声がかかって、頭以下総勢6人で行ってきました。小泉自治会は非常にまとまっている印象をうけて、塙もこうなったらいいな~と、行った若のメンバーと話していました。比較的小さな自治会ですが、老若男女こぞって祭りに参加して盛り上げてくれています。しかし、聞いてみるとやはり戦争で祭りも途絶えていた時期があり、昭和56年ごろ復活させてから徐々にこのように盛り上げて来たようです。継続は力だと思いました。

私の地元・塙の夏祭りは、昔はあったようですが正確な記録もなく、若組が益子の祇園に出たくてだしを作っていた平成20年に、春日神社の新嘗祭に軽トラの荷台にお囃子を乗せて、塙の中を回ったのが今の塙の祭りスタイルの始まりです。それまでの春日神社のお祭りは、氏子の当番が神社に集まって宮司をお迎えしての祭事と直会のみが続いていました。今もそのスタイルは続いていますが、更に、11月の春日神社新嘗祭と益子の祇園際の時に合わせた7月23・24日に、塙地内を山車にお囃子を乗せて回って、春日神社の祭りを盛り上げています。始めた当初は勢いももっとあったのですが、最初に比べてお囃子の人数も減ってきているし若組も人数が伸びていません。これからが苦しくなるところと思いますが、継続して行けば、小泉のように自治会あげて大きく盛り上がってゆくと信じて続けるしかない。何しろお祭りが一番地域の縦と横のつながりを強くする手段なのだから、頑張って行こうと思いました。

樽神輿とはいえ、揉めばやっぱりあせびっちょりでたっぷり疲れたけど、よい祭りに参加させていただきました。小泉のみなさんお世話になりました!ありがとうございました!

 

投稿カテゴリー: 地域活動, 未分類, 議員日誌 | コメントを残す

ヨーロッパ紀行 パリ2日目

6月9日

・パリ2日目はセーヌ川沿いを少し散歩してからヴェルサイユ宮殿へ行きました。初めて見るセーヌ川。パリに来たな~という感じです。地下鉄に乗って宮殿まで行き、中に入るとそれはそれは豪華だこと!ルイ14世時代のフランスの金持ち具合がわかります。

午後はルーブル美術館へ。1時に入って6時半までいましたが、駆け足でもとても全部は見きれません。やっと一応押さえておかなければならない「モナリザ」「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」「ナポレオンとジョセフィーヌの戴冠」など、沢山の絵画と彫刻、エジプトやメソポタミヤの遺跡、宝石や家具などの装飾品等、なんでもたくさんありすぎて、しまいに飽きてくる感じがします。

夜7時に23年ぶりに会う友人と待ち合わせていて、お互い相当老けて見違えたけど会うことができました。パリから1時間ほどのところに住む5歳年下のフランス人で、北京の首都師範大学の中国語を学ぶ留学生寮で、10カ月間一緒の部屋に住んでいた級友です。大変懐かしく、中国語と英語を交えた変な会話で3時間ほど盛り上がり、旧交を温めました。彼とは事前にメールでやり取りしていて、私がほしいものを探して送ってもらい、出発前に受け取ることができていました。そのお礼やら支払やらも済ませて、今後も協力してもらえるよう話をしました。持つべきものは友達ですね。彼を駅まで送って2日目話終了。一日が長がった~。とてもくたびれました。

 

投稿カテゴリー: 未分類, 観光, 議員日誌 | コメントを残す

タイトル ヨーロッパ紀行 パリ初日

例によってたまったマイルの期限切れ対策で、今度はパリから入ってスイスへと行ってきました。前回はアメリカだったのでヨーロッパへ!ヨーロッパの代表格と言えばパリでしょう!と思い、相変わらずスーツケースなしの機内持ち込みのリュックだけで行ってきました。6月8日11時ごろに羽田から飛んで、13時間のフライトで同じく8日の午後5時前にシャルルドゴール空港へ到着しました。ブッキングドットコムで取った宿へは7時過ぎに到着。シャワートイレ付の1万円ちょっとにしては清潔で洒落ていてまあまあの部屋でした。この時期のヨーロッパは夜の10時にならないと暗くなりません。まだ明るい7時ころから夜中までずっと、パリっ子たちはカフェでおしゃべりが付きません。初めて見るパリは、人も街もいちいちかっこいい。

独り歩きしていても危険な感じは無いし、真夜中でも治安はいいようでした。カフェもそうですが、色々な人種が生活の中で混じっているように感じて、ニューヨークより白黒の区別は無さそうでした。そんなウォッチングをしながら夜の街を少しふらふらして初日を終えました。

投稿カテゴリー: 未分類 | コメントを残す

スペルト小麦の可能性

先日、長野県の麻績村に行きました。スペルト小麦を栽培している農家さんを訪ねて、その取り組みをいろいろ聞かせていただきました。白木さんと言って、3年間の地域おこし協力隊を終えて、今年度から新規就農者支援制度を使って改めて、麻績村の一農家になって頑張っています。協力隊時代からスペルト小麦を主流に就農する計画で麻績村に入り、こつこつと続けています。白木さんの仲間で地域おこしを民間の力で頑張っている久保田さんを紹介して頂き、商品を次々と打ち出すその行動力に感服しました。3000人弱の村ですが、いい人材がいます。

スペルト小麦とは小麦の原種の一つですが、収量が通常の小麦の半分以下で、所得安定補助金の対象でもないので、国内では数人のこだわりの強い人のみが細々と生産しています。現状日本で流通している小麦の99%は遺伝子組み換え済みの小麦らしく、それも小麦アレルギー発生の一要因ではないかとも言われています。お訪ねした白木さんも、子供のアトピーから有機無農薬のスペルト小麦つくりにつながっていったそうです。

私がこのように動いているのは、何か益子町の農業の将来を明るくする材料はないか?それを活かした加工品である程度の売り上げが作れないか?などなど、可能性を模索しているからです。今は非常に小さい市場ですが、今後の伸びは創れると思いますし、現状国内産は全く足りていない状況なので、取り組む価値ありです。ストーリー性もありそうなので、更に深堀りしてゆきます。

農家民泊の許可を得ている白木さんのおうちに泊めてもらい、かわいい子供達にも歓迎してもらって、民泊を広めるためのイメージも少し描きながら、夜中まで酒を酌み交わしてお互いの夢を語りあった楽しい訪問でした。必ず今後に生かしてゆきます。

投稿カテゴリー: 未分類, 調査報告, 議員日誌, 農業 | 2件のコメント

骨髄ドナーとして移植手術

kimg0245kimg0262kimg0275

先日、独協医大病院において、ドナーとして3泊4日の入院で、骨髄移植手術をしてきました。献血時に勧められて、ドナー登録をしたのはたぶん8年くらい前だと思うのですが、この春に適合する患者さんが見つかったとの連絡を受けました。その時点では他にも候補者がいたはずですが、最終的に私が選ばれて、晴れて提供者となりました。候補に選ばれてから移植までには、事前検診や家族への説明と同意の取り付け、最終検診や自己血の貯血などのために、そして術後検診まで入れると、トータルで10日は病院に行かなければなりません。仕事を休んで行くわけですが、骨髄バンクからは当然報酬はありません。精神的身体的負担はもちろんありますし、仕事が出来ない分の所得が下がる人もいる事でしょう。そんな中で、埼玉県は県内全ての自治体で、県からの補助も合わせると1日2万円を補助する制度がありますが、栃木県では7市1町が単独の条例で、しかこうした補助制度を持っています。18歳から54歳までがドナー登録できますが、人口減少とともに、55歳に達するドナーが年齢で押し出されて行くのに対して、若い方の登録は伸びないので、急激に登録者は減っているようです。私が51歳で選ばれているのもそのせいでしょうか?何とか登録者を増やすことが必要です。その為には、せめて金銭的な負担がかからないような補助制度はあった方がいいです。補助金の制度を作っても、実際に提供者になる方は、益子の2万人程度の人口では、数年に一人程度しか現れないでしょうから、財政的な負担は少なく、しかし効果は大きい補助制度だと思います。是非益子にも作りたい補助制度だと思います。

白血病は確かに骨髄移植でよくなるようです。移植された骨髄が自分の体になじむまでは、相当の苦しみがあるようですが、それを乗り越えて普通の生活ができるようになるのです。とはいっても、5年後の生存率は50%程度らしい。しかし移植を受けなければ0%なのですから、患者さんからすると、本当に希望の光なのです。女優の夏目雅子さんが白血病で亡くなったのが1985年。その頃は日本にまだ骨髄バンクはありませんでした。1991年に日本骨髄バンクができて、今までに約2万人がバンクを通して移植を受けています。年間で1200人程度ですが、自分がやってみて思うのは、少なくとも、適合者が見つからずに死を迎える患者さんが一人でも少なくなるように、このバンク制度は様々な方面からの応援が必要だと思います。

 

投稿カテゴリー: 未分類, 福祉, 議員日誌 | コメントを残す

議場にて合唱!!

KIMG0731KIMG0732KIMG0733

12月1日、第146回益子町議会定例会の開会前に、益子町の土祭合唱団の方々が、議場で素晴らしい歌声を披露して下さいました。とっても良かった!

最後に町民の歌を、傍聴者の方も議員も執行部も職員も、合唱団の方々とみんなで唄いました。本当に良かった!何より気持ち良かった!

議会が色々な形で、身近になることは良いことです。流れでそのまま傍聴していって下さった方もいて、有り難かったです。

今日は私の一般質問も終わり、後1日の12月議会です。がんばろう。

投稿カテゴリー: 未分類, 議会活動報告, 議員日誌 | コメントを残す
ページ: 1 2 3 4 5