年始に思う

平成20年がスタートいたしました。今年はまめに書きこむ所存ですので監視の程よろしくお願いします。さて、年始の行事として初詣に多くの人が繰り出します。私はここ4年ほどは毎年和服を着て初詣します。以前に比べて和服での参拝者はめっきり減りました。こんなときしか着る機会が無いのと、正月気分を他の参拝者が味わえるようにとの思いで着ています。自分が他者の役に立つように常に行動できる年にしたいものです。とりあえず2日には、嫁さんの実家で風呂掃除を2時間やりました。嫁さんはトイレ掃除。老夫婦2人暮らしなので掃除が容易ではありません。気になっていたので道具を持って年始の挨拶がてらやっつけてきました。この調子で毎日人様のお役に立ちたいと思います。

明日から役所も動き出します。正月の収集をしたゴミ処理場の様子を確認しに行き、その処理の状況をチェックします。最大どこまでの処理能力が今後のゴミ処理に必要なのかを考えるデータを取ります。24時間フル稼働してもしばらくは処理しきれない量が来るそうです。減らさなければならないゴミですが、大衆の意識が反映する現実を把握してきます。

投稿カテゴリー: ごみ問題, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA