真岡が面白くなってきた。

DSCN2879DSCN2881

真岡市の昔から知られる繁華街、昔の旦那衆が遊んだ“門前”といわれる路地。しばらく寂れてしまっていて、私も過去のものという意識になっていましたが、最近は門前の空き店舗に、若者が店を出すようになり、今は6軒ほどの雑貨や家具、カフェにもんじゃなど、実に面白い空間になってきています。狭い路地でぐるっと一周できるので、まだまだある空き店舗に、若者の店が増えてくれば、かなり面白い路地になります。駐車場も無料の市営があり、真岡駅も近いので、面白い。新しい若者のおしゃれな路地空間ができるのは、益子より真岡のほうが早くなりそうです。益子も“里山通り”など期待できますが、狭いっこさで、門前は有利です。益子とは違うおしゃれ空間が期待できて、楽しみです。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA