原爆による広島の小学生被害から思う

6日のNHKスペシャルで、アメリカに渡された、原爆直後から2年間の被害者調査報告書の事を取り上げていた。1万ページ以上にわたり、200人以上の解剖結果、体温の変化や死に行く様を記録した。アメリカは原爆による「人体実験」の結果が欲しかった。この記録を元に、実際にアメリカは、ソビエトの主要都市を死滅させるために必要な原爆量を計算している。この報告書で知った痛々しい事実が、小学生の被害である。原爆投下時、各小学校で作業中だった子供達、実に1万7千人が焼け死んだ。70数校で、どの位置でどの様に死んでいたかも記録されている。これも殺傷能力測定のデータとなった。

どう考えても、アメリカは当時、日本人を人道的対象に見てはいなかった。広島で14万人を一瞬で殺した。長崎では7万人。東京大空襲では、2時間半で、10万人を焼き尽くした。日本用に開発した焼夷弾ナパーム弾を2000トンを、B29・300機に積み込んで焼き尽くした。しかもやり方が残酷で、先ず周囲にナパーム弾で火の壁を作り、逃げ出せないようにしてから、中を波状ジュウタン爆撃。皆殺しを実に計画的に成功させた。他にも宇都宮を含めて日本各都市を無差別爆撃。これにより更に10万人を殺した。無防備な都市住民を、合計20万人以上爆撃で殺した事実は、なぜ責められないのか。日本が戦争に負けたからなのと、黄色人種であるからなのだろうか。

広島に落としたウラン型の原爆と、長崎に落としたプルトニウム型の原爆は、なぜ急いで続けて落とされたのか。最初にあげられる理由は、種類の違う原爆の人体実験をやりたかったこと。これは間違いない。各殺傷能力のデータが欲しかった。そして、ソ連が8日に、不可侵条約を破って日本に宣戦布告したため、急いで9日に長崎に落としたのです。アメリカが急いだ理由は、実は日本がソ連の参戦によって、あきらめてポツダム宣伝を受諾しそうだったからで、その後では実験が出来ないから急いだのです。全く理不尽な話です。

戦争にまつわるこういった内容は、多くの国民がもっと知るべきだと思います。私のように自分で調べて頭を整理してゆくしか無くて、公的にこのような内容を子供達に教えてはいません。戦争を2度と起こしてはいけない、巻き込まれてはいけないという事を強く意識するためには、広く国民が事実を知るべきでしょう。

韓国への謝罪外交を現政府は選択しましたが、もう一方で、1965年6月22日の日韓基本条約締結で、当時の韓国の国家予算3.5億ドルのところで、無償金3億ドル・円有償金3億ドル・民間貸借3億ドル・を行い、軍事資産を除いたインフラ投資や資産53億ドル分を放棄しました。他に8億ドルの供与や貸与が行われたという事実を、国民に教えるべきです。日本は韓国を、本土以上に資金をつぎ込んで近代化しました。日本国の一部として発展させるべく投資したのです。西洋諸国が行う植民地のように、搾取するだけで投資もしないやり方ではありません。また、彼らを強制的に軍隊に入れた事実も無く、志願募集に対して、20倍から60倍の応募が殺到しました。昭和17年は志願兵募集4千人に対して、応募が25万4千人、実に62倍の競争率でした。創氏改名に関しても、制度として強制してはいなかったようで、諸説ありますが、任意であったはずです。

様々な、日本人としての歴史見解教育は必要です。歴史教育は、各国違った見解で教えてもいいものだと思っています。アメリカが、子供達に、原爆を落としたことで終戦が早まり、多くの日本人が死なずに済んだと教えて、広島に原爆を落としたB29エノラゲイが、記念館に飾られて讃えられても、今後のアメリカを支えてくれるアメリカを愛する国民を育てなければならないアメリカの教育は、そうなるのです。同じように、今後の韓国を支える韓国を愛する国民を育てなければならない韓国の教育は、昭和16年に日本に宣戦布告して連合国に加わり、勝利して独立を勝ち取ったと教えています。日本の敗戦によりアメリカの施政下におかれ、アメリカから独立したとは教えていません。国際的にはアメリカからの独立なので、サンフランシスコ平和条約の時、李承晩政権は連合国としての参加を求めたが参加できなかったのですが、しかし、韓国の教育は、独立戦争の勝利でいいのです。そのほうが国民の気持ちが強くなるからです。歴史教育はその国をになう次の世代をたくましく育て、この国を永続させてくれるような国民を作ることが目的でなくてはならないと思っています。したがって、その国の都合で、教育内容が違っていて当たり前と思っているのです。だって、他国の将来の永続を、自国サイドの歴史観を導入してもらうことで、保証させられて面倒見せられるのは無理だからです。

長くなりましたが、8月はやはり、いろいろ考えるのに良い季節です。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA