第116回益子町議会定例会

昨日第116回議会が修了しました。議事内容は、主に国の法令改正による町条例の一部改正が多く、又人事案件が主で、特に特徴の無い議会、のはずでした。しかし、最終日の翌日、下野新聞の2面に出てしまったように、議長不信任案が可決され、益子町議会始まって以来(たぶん)の出来事がありました。最大会派の中での話し合いが付かなかったことによる不信任案ですが、私は1人会派なので事情が分からず、突然のことでした。提案理由を聞くと、議長公務に対する責任感の無さや、自己の主張をあまりにも押し通そうとするとかでしたが、前日の話し合いで、議長が強烈に主張していた案件も落着し、不信任案に至るほどの理由には当たらないと思い、私は反対しました。議長は辞任するつもりは無いので、このまま行くと思いますが、お灸をすえた程度で収まるのかは分かりません。

一般質問で、私は、公園維持管理に関しての質問に対しての執行部の答弁を、望む回答を最初から得たと勘違いをして聞いてしまいました。よって再質問もそこそこに切り上げてしまいました。後でテープを聞きなおして勘違いと分かり、反省しています。9月に又やらなければならないでしょう。大いに反省です。

自治直言№18にそのことも詳しく書きますので、6月中旬の発行をお待ち下さい。

投稿カテゴリー: 議会活動報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です