まど みちお さんを知りました。

51NRBJ8VBML__SS500_

皆さんは まど みちお という詩人をご存知ですか?今年100歳になる方です。知人から“ぞうさん”の歌の作詞家と聞いて、私も“ぞうさん”の歌が大好きですから調べてみました。そして、私がもっと大好きな歌の“やぎさんゆうびん”の作詞もしていることが分かり、嬉しくなりました。他にも“ふしぎなポケット”“一年生になったら”“おにぎりころりん”“さざんか”“いちばんぼし”などを生みだした素晴らしい作詞家です。

“ぞうさん”の歌詞にこめた思いは、「この世の中にあんなに鼻の長い生き物はいませんから、もし、われわ情けない人間だったらきっと、おまえはへんだ と、からかわれたように感じるでしょう。ところが子ぞうは、ほめられたつもりで嬉しくなって〈そうよ/かあさんも ながいのよ〉と答える。小さい子にとって、お母さんは世界中、いや、地球上で一番です。その大好きなお母さんに似ている自分もすばらしいんだと、自然に感じている。つまりあの詩は、ゾウに生まれてうれしいゾウの歌なんです。」と、インタビューで語っています。

自らの差異を肯定する。とても重要なことです。まどさんは幸せの定義を明確に言っています。幸せとは、今の自分を肯定すること。まさに幸せいっぱいの子ぞうのように自分を肯定することです。他者との比較では何処まで行っても満足や安心は得られません。よく講演などでも言われてきた真理ですが、童謡で教えてくれているのが素晴らしいです。音楽の時間に先生も、このように教えてくれているのかな?是非このように教えて欲しいものです。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

2 Responses to まど みちお さんを知りました。

  1. 矢野恵美 のコメント:

    初めて拝見させていただきました。というか、「益子 ホームヘルパー資格」で検索していたら、たどり着きました。毎日、たいへんですが、これからも益子のために、ご尽力ください。これからは定期的に拝見させていただくつもりです。

  2. keisuke のコメント:

    コメントありがとうございます。
    時々書いていますので、たまに覘いて見てください。
    なかなか遊びに行けなくてすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA