もうすぐ来年

今月はこれで4本しか書き込めなかったことになります。月に5本は最低書き込みたいのですが、ばらついてしまいます。あと2時間で来年になります。来年になるといっても何か特別に変化はありません。ただ時間が経過すれば自然と来年という暦になるだけです。

人間は時間でも曜日でも年単位でも区切りをつけて暮らしていますが、鳥や虫や草や動物は、連続する昼夜の中で、慌てず騒がず休まず淡々と日々を生きています。宇宙の中で人間だけが時間や暦で区切りをつけて働いたり休んだりします。休みたいとか働きたいとか関係なしに、時間や暦に縛られて行動を制約されています。なんか変ですよね。そうしないと多くの人間が協同で生活しづらいからなのでしょう。

私は自営になってからは、時間も曜日も比較的自由に休んだり仕事したり出来るようになりました。時間でも曜日でも年末とか関係なく仕事できます。ですから今日も書類仕事を1日中やってました。今もまだ途中です。そういえばここ何年もほとんど1年中起きる時間は一緒です。曜日や暦には左右されません。この方が私には楽です。宇宙のリズムと合っているからかな。

ですから、今日もこのまま書類仕事しながら来年になってしまうかも知れません。今年と来年の区別と言ったって、誰かが決めた1秒という時計の針が文字盤の上を右に少しずれるだけのことです。特別なこと起こりません。

しかし、この人間にだけ存在する時間や暦を活用することが、人間が進歩発展してきた根源であるかも知れません。この区切りを有効に利用して自分の進歩発展に生かすには、やはり人間だけが持っている文字を使って、来年の計画や目標を書き出して、チェックしながら日々精進することなのでしょう。正月休みはこのように生かしましょう。それが人間だけが出来る特権です。ぼやっと過ごしてしまっては、主体性無く暦に流されているようでもったいないと思います。

良いお年をお迎え下さい。

投稿カテゴリー: 私見. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA