第114回益子町議会定例会より

遅くなりましたが、12月3日に終了した定例会の報告をいたします。一般会計の補正予算で、特には以下のようなものがありました。

①定額給付金の未申請額を国に償還します。576万円(未申請者151人分・  日本人101人外国人50人)

②新型インフルエンザ予防接種費用2442万円(3/4補助)

③アートウオーク実行委員会(ひじ祭)713万円・・当初補助の1千万円で不足の分

④七井中太陽光発電1400万円(6百万円国の補助)

⑤町民会館テニスコート改修費△3230万円(助成金で対応できるため支出減)

特別会計の国保や介護保険、公共下水道や農集排会計は見込み修正か軽微な増減ですので特記しません。③の補填分は随分議論が出ました。集客見込みがあまりにも未達なので、それを基にした資金繰りは大赤字になるわけです。反省は充分しているようですが、詳しい支出内訳は、自治直言№15をご覧下さい。このところ益子は千万円単位のイベントが続きましたが、検証したいものです。

一般質問は私を含めて4人が行いましたが、広田議員と私のだぶり質問の回答は良かったです。町内の防犯灯の増設について、今後、町管理の防犯灯を増やすことと、自治会管理の防犯灯の電気代補助を来年度から出来るように見当しているという回答でした。期待したいところです。子供医療費の中学3年生までの拡大に関しても、来年度から導入したいお考えであるという事で期待できそうです。

ましこ花の博覧会や土(ひじ)祭の結果に関する問答の多かった今回の議会ですが、町執行部は、とにかく続けないと無駄な投資になるので、規模や期間を検討しても続けることでした。身の丈にあった企画を要望しました。

一般質問の内容などの詳しいところは次回発行(1月後半)の自治直言№16に載せます。

投稿カテゴリー: 議会活動報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA