8月後半の報告

ここのところ建設業の仕事のほうでトラブルがあって書き込んでいられなかったのですが、少し落ち着いたので書きます。8月17日には県議会の“県土整備委員会”の方々が岩崎信委員長はじめ8名益子に来てくださいまして、国道121号線沿い塙地区の歩道整備工事現地を見ていただきました。来年度には益子側500メートルの工事が完成し、その先3年ほどで真岡側を含めた残り1000メートルの歩道工事も完了する予定だそうです。ありがたいことです。8月20日には総務産業委員会が行われ、請願・陳情の現場を見に行きました。どちらも道路に関することですが、それぞれの理由で採択にはなりませんでした。詳しく知りたい方はメール下さればお返事します。9月7日からはじまった議会で上程・報告される内容がこの常任委員会に出てくるわけですが、ショックなのは18年度の決算で不納欠損処理される町民税の大きいこと!とりっぱぐれが約9500万円!がっくりです。8月30日には議員会の研修・六親会(新人議員の会)の勉強会がありました。益子の財政について詳しくやったのですが、見れば見るほど悲惨な数字なのでこれまたがっくりです。とにかくやれることは何でもやらなければジリ貧です。

投稿カテゴリー: 議会活動報告. 固定リンク.

1 Response to 8月後半の報告

  1. 川島 春名 のコメント:

    歩道工事の箇所は具体的にどこを指しているのでしょうか?
    文面どおり読めば、121号線沿いなのでしょうが、私は、広域農道沿線に住んでおり、もしかしたら広域農道も121号につながっており、広域濃度意のことなのでは?と期待を持ってしまいました。
    よろしかったら、教えてください。
    以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA