第112回益子町議会定例会はじまる

9月2日より議会が始まりました。11日までの会期です。9月議会は平成20年度の決算を審議する議会です。併せて21年度の補正予算も審議します。補正予算を先にやってますが、地方交付税と国庫補助金の増加、町税の償却資産税確定分増と固定資産税滞納分の繰越し、20年度決算からの繰り越し等で歳入が増加したので基金取り崩しを2億円ほどやめました。結果、一般会計の補正は総額2億3千万円。ややこしくて、表でみないとわかりづらいですね、スミマセン。歳出でおおきいのは、学校整備基金を8千万円増やしました。これで学校整備基金の残は2億7千万円ほどになります。益子小学校建替えに向けて今年も急ピッチで積み立てる模様です。大きい工事は中央公民館のテニスコ-ト2面を人工芝にする工事で3230万円。北公園野球場の外野フェンス上の防球ネット工事1430万円です。テニスコートに関しては場合によっては執行が遅れることもあります。まだ詳しく検討していない助成金があって、その対象になるようであれば助成を待って施工しようということになりました。自治直言原稿書きの頃にははっきりすると思います。明日以降20年度決算の審議に入りますが、詳しくは今月発行予定の自治直言№14に載せます。

投稿カテゴリー: 議会活動報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA