地域の若者がんばってます

私の住む塙という地域は、益子町の中でも新興住宅地の多い地域で、私も含めて他市町からの移住者が多くすむ地区です。宇都宮や上三川、真岡や芳賀の工業団地に勤める方も多く、地域では子供を通してのつながり以外はあまり接点はなく、地域に大きなお祭りも無いので、年齢の近いもの同志でも知り合う機会があまりない状態です。

それに比べて益子の町内においては、大きな祇園祭があり、各町内が山車を繰り出すものですから、年寄り株の役付きから山車引きの若衆から子供達までのつながりが形成されていて、地域がお祭りを通してつながっている感じがあります。

今年はその祇園祭に我々の塙地区もゲスト参加させてもらいたくて、有志たちで安普請ですが山車を作っています。引き手の若い仲間も徐々に集まってきて、多くの新しい仲間が出来ました。この機会が無かったら、住まいは近くても接点のなかった方も大勢います。さらに仲間が増えることを期待して会員募集中なのですが、これが続いてゆけば、地域のつながりがさらにまして、いわゆる地域力がアップすることと思っています。

14日には山車の運行練習をしました。お祭りに参加させていただく神社の草刈から境内整備のお手伝いはもちろん、地元の神社の境内整備も大勢で参加させていただいています。練習や奉仕活動で日曜日が何度もつぶれますが、みんな頑張っています。立ち上げは何でも大変ですが、頭を中心に良くまとまっています。私も頭をサポートしながら出来ることをさせてもらっています。

益子の祇園祭は7月23・24・25日。23,24日は塙を運行して25日にいよいよ町なかに参加させてもらいに行きます。もうあと1ヶ月です。自治会を含めたみんなで細部を詰めてゆく段階になりました。地域における歴史的な日になるよう私もがんばります。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA