町長選挙はじまりました

4月10日(火)本日、益子町町長選挙がスタートいたしました。予想通り、私と現職の一騎打ちとなり、前回と同じ戦いになりました。前回は告示の10日前に出馬表明するという短期決戦でしたが、今回は私も1月中旬には立候補を表明し、しかし、選挙の事前運動に当たらないよう慎重に、町政へのアンケートをいただく目的で訪問をいたしました。現職は堂々と自治会長や商工会やお祭り・消防団・女団連など、すべての組織を使ってリーフレットを配布、個表を回収していました。私には人間も資金もないですから、自分で訪問するしかありません。町長選挙の事は話さずに、アンケートのお願いを口にして回りました。それでも全部の世帯は回れずに、総軒数6700世帯でした。

組織の大きさや運動員の人数は300倍くらい現職が多いです。映画のスリーハンドレットみたい。一期ごとに町長に払われる1500万円を使うのか、大所帯で選挙に入ってきました。すごい!

立会演説も3か所で行い、選挙らしくなってきました。表面は大きな差で現職が勝っていますが、票はそこまでひどい差にはならないで、うまくすればひっくりかえせると信じています。本当に票の見えない選挙だと思います。新聞記者も珍しい選挙だといっていました。最後まで頑張ります。

投稿カテゴリー: 後援会イベント案内. 固定リンク.

町長選挙はじまりました への6件のフィードバック

  1. 益子の行政を変えて欲しい住人 のコメント:

    応援しています!
    道の駅の利益が2000万円だなんてウソっぱちもいいとこです!
    道の駅ましこの減価償却費部分はは益子町(役場)に計上され、道の駅ましこの家賃ともいえる支払いの大きな部分は税金で負担されています。

    町民はそんなことも知らず、パンフレットに「黒字」とでているそのものを信じている人もいますが、実態を知っている人は表面では現職の応援に立っていますが、投票はまた別の話です。
    「70億の借金は妥当です」などと現職のHPにも書いてありますが、70億もの大金を借金として抱えており、それを恥ずかしげもなく「妥当である」と言い切る精神が信じられません。

    本当に順調であれば「無借金にむけて経営するのが妥当」です。
    役所は企業ではないのでと言いつつも、普通の企業と同じように借金は普通みたいなことを言っている間抜け(いや失礼)な町長は不要です。
    町民の声を正面から正直に聞いて、それを政策に生かしてくれるリーダーが必要です。

    益子町はもはやリーダーシップではなく、独裁の方向に進んでいます。
    町の保険屋、土建屋も、商工会、青年部、消防など、各方面で現職から声がかかり、そのプレッシャーに迷惑しています。それが現場の本音です。
    その一方では言い値で入札した金額で町の仕事を請け負い、無駄に税金から高い利益を上げ続けている悪徳(いや、訂正します)、熱心な業者もたくさんいます。

    そういう不正(いや、間違えました)、巧みな経営戦略を用いて現職とつるみ、町民の血税を我が物顔で事業利益として貪る企業もたくさんあります。
    外へのPRと支持(事業)者への莫大な税金による待遇に一生懸命で、これまで町を支えてきた真面目な事業者にはなんの利得もありません。

    それが証拠に、商工費は全く変化がありません。
    地元の昔からの事業者を応援する取り組みもせず、一部の業者と癒着し、町長の退職金を使って次の選挙に投資し、それの繰り返しです。

    田野地区ではふだん買い物できる場所もありません。
    益子地区では町長城(町長のお城)の城下町である城内坂ばかりで、はっきりいって何もやってくれません。私達陶器を扱う町民でも、いい加減うんざりしているところです。陶器の次はカフェかと現職のいい加減さにはあきれかえります。
    陶器が売れないからカフェを開いたのに、カフェを増やしてまた食いつぶし合いをさせるきなのでしょうか。バカなトップを持つと町民は年貢を納めるだけの存在にしかなりません。
    七井地区は一番ひどくて、北運動場のテニスコートも荒れ果てたまま。
    地域の小中学生に使わせてあげたい運動場も、田野や益子に比べて一番遠く、荒廃しています。
    大型スーパーやホームセンターができて便利だと喜んでいる反面、長年私達の台所や家庭を支えてきてくれたお店は消えつつあります。
    地元の事業者を潰しておいて応援してくれとは何事なのか理解不能です。

    そして道の駅では営業許可を持たないまま店頭で営業させたといううわさがあちこちから聞こえていますが、それは本当でしょうか?
    私も突然道の駅の店頭からお店が消えたことに対して不思議に思っていましたがなるほどと合点がつきました。田野では弁当を作る人達がなくなったからもってこいと言われ、持っていくと原価割れの価格で売りさばかれてしますと嘆いています。

    一部の業者は、道の駅でそのメニューをやるから店頭販売をやめるように言われたとか、営業許可について道の駅に進言していた人がみ道の駅の駅長から圧力を欠けられてお店を出せなくなったとか、陶器を販売している人が売ってほしくても売ってもらえないなどという話も行くたびに誰かは話しています。
    道の駅は駅長を変えるべきです、店に行っても挨拶もできない木偶の坊のような人に預ける必要はない!

    子どもたちを外で安心して遊ばせることができて、年寄りにも優しい町を目指し、住みやすいまちづくりをしてください。
    現職の大塚朋之氏ではもう限界でしょう。いくら選挙の応援者がたくさんいても、投票はひとり1票です。
    そして町を変えるのは町長一人ではなく町民の思いです。
    最後まで戦い抜いてください!草の根を分ければみんな長岡さんの味方なんです!!

    • keisuke のコメント:

      最高のコメントありがとうございます。とても詳しく内状をご存じなので驚いていますが、すべて本当の事ですね。一般町民は何も知らずに年貢を納めて、予算がないからと様々な身近な困りごとの改善を門前払いされています。この状況は、役場に相談にゆく町民も、実は職員にとっても不幸なことなのです。そしてよくならない状況を引き渡される子供たちにはもっと不幸なことなのです。今変えなければならない時ですから、あと2日精いっぱい戦います。どうかお友達に自信を持ってこの内容をシェアしてください。これを変えなければならない指名をさらに強くしました。やるっきゃない!突っ走ります!

  2. 益子町民 のコメント:

    大塚さんと、長岡さんと、どちらに投票しようか迷っている者です。上の方のように、町民全員が満足する町政は、非常に難しいことだと思います。ただ、大塚さんに不満があるからと長岡さんに入れたところで、悪化するようなら困ります。
    私も日中働いているので、なかなか演説など聴きに行けません。長岡さんの情報を見ても、大塚町長を批判するばかりで、具体的な政策を述べていないような…。アンケート結果がポスティングされましたが、それら1つ1つに対して長岡さんがどうしていくつもりなのか、教えて欲しいです。町民がせっかく指摘してくれたのに、失礼ではないかと。ただ掲載するだけなら誰にでもできることです。
    せっかくこのようなページもあるようなので、批判だけではなく、長岡さんだからこその具体的・論理的に政策を述べて欲しいです。

    選挙活動も大詰めですね!疲れも出始めているでしょうか。
    あと少し、頑張ってください!
    投稿宜しくお願いします。

    • keisuke のコメント:

      おっしゃる通りですね。具体的政策は細かくなりますが、真っ先が学校のエアコンです。デマンドタクシーの運行改善もすぐ手を付けます。移住定住政策で私の経験を活かして、不動産業と住宅建設をやっているので、眠っている空家を物件化することに専門性を発揮します。実は最も重要なのは、役場職員の活性化なんです。彼らが生き生きと町民本位で仕事をする風土を醸成することが、町がよくなる根本なのです。

  3. 荒木 のコメント:

    町長選挙は長岡さんと決めております。家族で全員長岡さん支持で投票します!
    益子町を変えてください!
    大塚の悪事を益子町民が深く知らないのが残念で本当にならないし、表面化しないようにうまくやっているのが本当に悔しい!ここまで悪事を晒しといてヌケヌケとまた町長選に出る根性が凄い!

    長岡さんにそれを変えて欲しいという希望をもって投票致します!
    最後まで頑張って下さい!

    • keisuke のコメント:

      選挙戦終了しました。開票を待つのみですが、このブログの10日のいただいたコメントが、よくできていてビックリです。良く知っている人ですね。正直者が報われる益子にしたい!応援ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です