小泉の夏祭り

塙若組にお手伝いのお声がかかって、頭以下総勢6人で行ってきました。小泉自治会は非常にまとまっている印象をうけて、塙もこうなったらいいな~と、行った若のメンバーと話していました。比較的小さな自治会ですが、老若男女こぞって祭りに参加して盛り上げてくれています。しかし、聞いてみるとやはり戦争で祭りも途絶えていた時期があり、昭和56年ごろ復活させてから徐々にこのように盛り上げて来たようです。継続は力だと思いました。

私の地元・塙の夏祭りは、昔はあったようですが正確な記録もなく、若組が益子の祇園に出たくてだしを作っていた平成20年に、春日神社の新嘗祭に軽トラの荷台にお囃子を乗せて、塙の中を回ったのが今の塙の祭りスタイルの始まりです。それまでの春日神社のお祭りは、氏子の当番が神社に集まって宮司をお迎えしての祭事と直会のみが続いていました。今もそのスタイルは続いていますが、更に、11月の春日神社新嘗祭と益子の祇園際の時に合わせた7月23・24日に、塙地内を山車にお囃子を乗せて回って、春日神社の祭りを盛り上げています。始めた当初は勢いももっとあったのですが、最初に比べてお囃子の人数も減ってきているし若組も人数が伸びていません。これからが苦しくなるところと思いますが、継続して行けば、小泉のように自治会あげて大きく盛り上がってゆくと信じて続けるしかない。何しろお祭りが一番地域の縦と横のつながりを強くする手段なのだから、頑張って行こうと思いました。

樽神輿とはいえ、揉めばやっぱりあせびっちょりでたっぷり疲れたけど、よい祭りに参加させていただきました。小泉のみなさんお世話になりました!ありがとうございました!

 

投稿カテゴリー: 地域活動, 未分類, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です