ヨーロッパ紀行 スイス4日目 帰国へ

6月15日

ローザンヌからジュネーブへ移動し、空港へ荷物を預けたまま、街へ買い物に行きました。ここでは主にお土産購入がメインになります。夕方ジュネーブ空港発の飛行機で帰るので、それまでは町歩きとお土産探しです。子供たちや奥様からのリクエストがいろいろあって、結構探しました。かっこいい文房具のお店やスイス土産専門店やデパートなどを回り、一通り見つけました。スイス土産屋さんの店員の女の子は、この夏に北海道から大阪まで自転車で3週間の旅するために日本に来るそうです。とても楽しみにしていました。

日本の若い子たちが海外へ出なさ過ぎると思うのは気のせいでしょうか?ドミトリーにたくさん来ている外国の若い子たちを見ていると寂しくなります。人口減少高齢化の日本が、じっと国内にみんなで閉じこもっていては、国力は下がるばかりです。広い世界を見てくれば、息詰まった時に乗り越えられる力が付く。本当にそう思うし、なにしろ変に萎縮や増長をしなくていい。自分のリアルなサイズを比較対象の中で知ることができるし、弱みも強みも客観的に把握できる。つまり生き抜く力が付くと思う。パリとスイスの村をいくつか回ったが、日本の若者の10倍は中国の若者が来ていた。韓国にも差をつけられている状況だ。行政で出来る彼らへの触発方法がもっとあるはずだ。研究して実践したい。

ジュネーブからブリュッセルエアラインでベルギーの首都ブリュッセルに飛び、ANAに乗り換えて一路成田へ。無事に帰国と相成りました。

 

投稿カテゴリー: 観光, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です