ヨーロッパ紀行 パリ2日目

6月9日

・パリ2日目はセーヌ川沿いを少し散歩してからヴェルサイユ宮殿へ行きました。初めて見るセーヌ川。パリに来たな~という感じです。地下鉄に乗って宮殿まで行き、中に入るとそれはそれは豪華だこと!ルイ14世時代のフランスの金持ち具合がわかります。

午後はルーブル美術館へ。1時に入って6時半までいましたが、駆け足でもとても全部は見きれません。やっと一応押さえておかなければならない「モナリザ」「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」「ナポレオンとジョセフィーヌの戴冠」など、沢山の絵画と彫刻、エジプトやメソポタミヤの遺跡、宝石や家具などの装飾品等、なんでもたくさんありすぎて、しまいに飽きてくる感じがします。

夜7時に23年ぶりに会う友人と待ち合わせていて、お互い相当老けて見違えたけど会うことができました。パリから1時間ほどのところに住む5歳年下のフランス人で、北京の首都師範大学の中国語を学ぶ留学生寮で、10カ月間一緒の部屋に住んでいた級友です。大変懐かしく、中国語と英語を交えた変な会話で3時間ほど盛り上がり、旧交を温めました。彼とは事前にメールでやり取りしていて、私がほしいものを探して送ってもらい、出発前に受け取ることができていました。そのお礼やら支払やらも済ませて、今後も協力してもらえるよう話をしました。持つべきものは友達ですね。彼を駅まで送って2日目話終了。一日が長がった~。とてもくたびれました。

 

投稿カテゴリー: 未分類, 観光, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA