委員会と議員全員での視察

議会の委員会で介護福祉の現場を視察しました。補助金で買った介護ロボットってどんなものだろうと思ったら、マット状の安否確認ロボットでした。もっと機械的なマシーンを想像してたので不意打ちでした。でも、これをマットの下に敷いてその上で寝ていれば、心拍数もとれるし、履歴が残るので健康管理に活かせます。まだ5台ですが、これから増やすようです。ちょうど入所者で無い、地域のお年寄りを対象に行っているサロン開設の日だったので、余計にぎわっていました。警察直結の非常通報装置も最近整備されて、いろいろと良く運営されていると思います。

午後は平成館の改修現場を視察しました。今上天皇が玉音放送をお聞きになった建物ですが、宿泊施設として再度使えるように工事しています。客室一部屋だけ先ずは仕上げたのを見せてもらいましたが、設計段階で気になっていたユニットバスはやはり大分小さかった。懸念は伝えていましたが、いつも我々議員が知る段階からの変更は皆無です。食堂部分と一部屋を仕上げた今の段階で、最初の補助金三千万円分の工事は終了とのこと。次の補助を使っての工事も町単の工事もまだまだかかります。トータル1億円越えますが、それでももっとかけないと良くならないと感じています。出来たなりの物での活かし方を、しっかりと考えなければなりません。立地のマイナス要因をいかにプラスに替えるかは、よくよく考えなければなりません。まだまだこれからです。

 

投稿カテゴリー: 議会活動報告, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA