ニューヨークとワシントン一人旅③三日目

チェルシーのフリマからブルックリンのフリマとスモーグズバーグへ。Sバーグはとにかくすごい人出で、どの店もおいしそうで、テントもおしゃれで、大いに真似した方がいいところだらけでした。ブルックリンは若い芸術家たちが多いので、彼らの共同ショップも才能豊かで面白かった。夜はスウィング系のジャズ〝スウィング46〟へ。ダンスがめちゃめちゃ上手な人たちがいて、歌もうまくて最高で、アメリカングラフティーの世界を十分楽しめた。

スモーグズバーグはもともとは持ち寄りバーベキューのこと。ブルックリンで毎週末に行われているこのイベントはいわゆる屋台の出店なのですが、実に様々なメニューで特徴があって華やかで、超人気でした。一体いくらお金が落ちるのかすごい商いです。特に人気のあったのがスイカやパイナップルやマンゴーなどの果物の外側はそのままにして、中をくりぬいてジュースにする店が大行列でした。サンドイッチ系が一番多くて、どれもおいしそう。テントなのに実に格好よく作っているところは流石だなと感心します。コーヒーと言いチョコレートと言い醸造ビールと言い芸術と言いスモーグズバーグと言い、今ブルックリンは実に勢いがある。

朝一番のチェルシーフリーマーケットでは、よせばいいのに高さ25センチくらいの古いピッチャーを買ってしまった。肌が良くて呉須の色も大好き。土もなめっこくて美人さん。店主曰く100年は経っていて、去年までは100ドル以上していたが、今は景気が悪くて30ドルでいいという。ぱっと見て気に入っていたので安いと思い買ってしまった。何とか割らずに持ち帰れてたので、花活けに使ってみよう。今はそんなに買わなくなったが、やっぱり焼き物は好きなんだな~。

投稿カテゴリー: 観光. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA