サンタの会 気がつけば14年

サンタの会を始めた友人の死をきっかけにして、私も参加し始めてから昨日で14年目になりました。障害者施設や老人ホーム・児童養護施設へ行って来ましたが、数年前から児童養護施設だけに行くようになりました。親がいない。事情があって親と一緒に住めない子供達に、予め欲しいものを聞いておいて、サンタさんが届ける様に変わりました。ラジコンやDS ソフトやオモチャなど、高校生の大きい子達は、バックや財布、ジャンパーやカラーボックスなと実用的なものもあります。

大きな施設もあれば、家庭的なホームもあるけど、やはり小さい方が子供は幸せそうです。続けて行っていると、心も徐々に開いてきているのがわかります。疑似家族とはいえ、お父さんお母さんや、お姉ちゃんと呼ぶ同じようないきさつの子たちのなかで、近所の友達も遊びに来てくれる環境で育っていけるのは、それまでのあまりにも劣悪な家庭環境からすれば、格段にましです。そんなことを確認しながらも、サンタも大いに楽しんで、今年も歌って踊って来ました。写真はNG なのでありませんが、みんなとても嬉しそうでした🎵また来年も行きたいです。あの子達の笑顔にまた会いたい。ひとときの喜びでも、みんなの思い出づくりの一役になれれば、おじさんは幸せです🎵

投稿カテゴリー: 福祉, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です