第108回益子町定例会終了

3月3日から13日まで、議会がありました。平成20年度の補正予算№3と平成21年度の当初予算を審議しました。詳しい内容は自治所苦言11号で触れていますのでHP上でご確認下さい。大まかには、補正予算については、政府の緊急経済対策として国の補正予算で決まったものが流れてきた部分が大きかったです。最大は定額給付金。益子町は3億8千万円が配られます。子育て応援特別手当が1470万円。地域活性化・生活対策臨時交付金が9240万円、これは学校や地域防犯、エコ関係と、様々な分野へ使われます。町独自としては花博の1884万円を追加。花博は大きい投資になってきます。21年度予算の3071万円とあわせると5355万円になります。ここまでの投資が実を結ぶのか非常に懸念されますが、町長の意気込みに期待して、議会は通りました。花博の予算がここまで大きいと知ったのが遅すぎたことが私の反省です。今回の反省を含めて、議会の改善点が見えましたので、今後改善の提案をして行きます。21年度予算は総体で前年と大差なく組めたことは幸いでした。62億2千万円。前年割れ8000万円。補正の中で吸収できる差額です。紙面の都合であまり詳しくは載せられていないですが、もうすぐアップになる自治直言№11でチェックしてください。

投稿カテゴリー: 議会活動報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA