教育特区・世田谷のこころみ・教科日本語

平成19年度に始まった世田谷区の日本語教育ですが、やっと3年目に入るところですので、手探りで進んでいるようです。小学校  で3冊中学校で3冊の世田谷独自の教科書は実に素晴らしいです。教育委員会が教科書を制作し、学校や先生方をサポートしています。昨日その教科書を買ってきました。少しお話も聞かせていただいて、思いの深さを感じました。国際化・情報化・価値観の多様化などで、日本語の乱れは加速してきています。正しく言葉を使えないことによる表現力の欠如から、人と話すことがおっくうになり、多くの若者は人間関係が得意では在りません。「美しい日本語を世田谷から」をテーマに小中一貫した日本語教育を進めています。大いに成果を期待しますし、益子にもこのよさを輸入できないか研究します。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA