お伊勢参り

pc1pc2pc3

伊勢神宮は20年に1度、内宮・外宮・別社を建て替えて神様にお移りいただく・式年遷宮を行っています。今年はその62回目の式年遷宮。10月始めに神様がお移りになられるので、今は新旧同じ建物が2つ建っています。その内宮の新しいお宮の庭に、白い石を敷き詰める奉祝行事・お白石持ち行事に参加してきました。7月26日から8月12日まで行われますが、私は8月4日に参加してきました。日本全国から集まった8月4日の参加者は4300人。伊勢市民の多くのボランティアの方々に支えていただいて、楽しく参加できました。平成18年5月に、お宮の棟持ち柱を曳いてゆく行事・お木曳き行事があって、これに参加したときから、お白石持ち行事にも参加したいと思っていましたので、本当に叶って感無量でした。途中戦国時代などで出来なかった時期も合わせて、1300年間も日本人が行ってきた式年遷宮行事に、少しでも参加しご奉仕出来たことは、良き日本人を目指す私にとっては大変意義のある事でした。このまま式年遷宮がずっと続き、日本が永遠に続くことを願っています。まさに君が代(日本国)は千代に八千代に・・・の思いです。

pc4P1000820pc5

もう一つ嬉しかったことは、1日目の宿泊先が、愛知の三ヶ根グリーンホテルだったと言うことです。旅行工程表のホテル名を見た時、昭和天皇がお泊まりになって、東京裁判に従い12月23日(今上天皇のお誕生日)に絞首刑が執行された7人(板垣征四郎・土肥原賢二・東条英機・武藤章・松井石根・広田弘毅・木村兵太郎)を弔っている殉国七士廟に向かい、ホテルの部屋から追悼していたという話を思い出した。昭和54年に愛知県で全国植樹祭が行われた際に、会場から遠く離れた三ヶ根グリーンホテルになぜ天皇皇后両陛下はお泊まりになられたのか。それは三ヶ根山頂にある殉国七士廟に最も近いからに違いなかった。政治的理由からでしょうが、直接お墓参りは出来ないので、最も近いホテルの部屋から追悼なさっていたのです。

P1000833pc6pc7

ホテルに着いてすぐ宴会前に、タクシーで殉国七士廟に行って来ました。10分かからずに着きました。七士の墓以外にも、生き残った同士達が建立した各部隊の追悼の碑や忠魂碑が、いくつも建っていました。今は少し管理も手薄な様子でしたが、荒れてゆかないように願います。だれも戦争がしたくてやった者はいません。いろいろな世情・事情・状況で入っていってしまったのです。兵隊さん達は皆、国や仲間や家族の為に戦ったのです。その御霊よ安らかにとどうして正面から祈りに行けないのでしょう?人として自然な優しい感情を、私は素直に表現します。感謝の心を素直に育てます。そして少しでも良い日本人になりたいと思います。

投稿カテゴリー: 未分類. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA