衆議院予算委員会・山田宏議員の質問

普段委員会中継は見ていないのですが、たまたま遅い昼食でTVを付けたらば、ちょうど元日本創新党党首、現日本維新の会の山田宏議員が質問に立っているところでした。元創新党党員としては、山田さんの質問が見られることそのものが嬉しいことでしたが、その質問のすばらしさに、やっぱり元党首として仰いだ人物だけあると大喜びした次第です。

TPP交渉参加における懸念事項となっている、例外無き関税撤廃という前提条件そのものの曖昧さを浮き彫りにし、つまり例外なく交渉のテーブルには乗せるが、例外を勝ち取るのも交渉次第という可能性のあることは、どうも調べは付いてきていてる。あとは、安倍総理がオバマ大統領との最初の首脳会談において直接確認し、やはり交渉次第という確信を得ることが重要で、そのときは、首脳会談後に現地において、日本の交渉参加を表明することが、どれだけ日本の国益にかなうのか、日米同盟をまずは米国民に、そして世界に強く印象づけることができて、国防に沖縄問題に歴史認識問題に大いに貢献させることが出来る。決められない日本の政治が大きく変わったことをアピールし、政治に信頼が置ける国として信頼を取り戻すことが出来るのだから、安倍総理!このタイミングを是非活かしてくれとエールを送っています。また、靖国神社参拝に関して、内閣として参拝するもしないも指示はしない。各大臣や議員の自由な意志で行動を決められるという総理の意志を確認しました。これをそのように実現できかどうかも、実はオバマ大統領との首脳会談次第。先ほどのTPP交渉参加表明を活かしたパフォーマンス次第で、強固な日米関係を演出できるかどうかにも架かってきます。とにかく今がとても大事な瞬間であると言うことを安倍総理に十分に認識させ、エールを送り勇気を持たせた点に置いて、本当に素晴らしい質問でした。自民党・維新の会だけでなく、多くの議員の心が熱くなったことと思います。政治に関わる者として、質問はこうありたいと思った次第です。

タイミング良くTVを付けさせてくれた天意に感謝して、わたしも地方政治においての役割を頑張らねばと思った次第です。

 

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA