日本創新党解散

29日に、東京に行きました。日本創新党の党大会に出席するためでした。国会議員がいない無名の政党ですが、党首の山田宏(前杉並区長)代表幹事・中田宏(前横浜市長)に期待をして、党員となりました。この創新党がこのたびの党大会を持って解散となりました。2年強の活動で終止符を打ちました。

私は9月にないってすぐの頃に、党をたたむべきだと意見をしていました。実際そのようになったのですが、同種の賢明な意見が交わされ、これがベストの選択だとなったのです。

山田宏も中田宏も、仕事の出来る政治家です。日本の改革の時にどうしても大きく働いてもらわなければ成りません。以前から、2人とも維新の会の顧問です。既成政党への失望のもと、日本維新の会への国民の期待は今非常に大きく、次の衆議院選挙で多くの議席を取るでしょう。しかし、素人ばかりの国会議員では困ります。いくら優秀な経歴でも、政治がわかっていない素人では仕事が進みません。そこで、山田・中田両氏には、新人議員達を束ねて大いに仕事をさせ、導いてゆく国会議員になってもらわないと困るのです。

そのためには創新党の存在は、彼らの行動を制約してしまいます。彼らが作った政治集団ですから、彼らが抜けるときに解散するべきなので、このようになりました。報道陣もいて、場が場なので、次の行動のことは詳細にはコメントできない状況でしたが、言わずもがな、そのための解党です。

国の中身の改革は彼らと維新の会に期待をし、地域での改革と地方分権の受け皿としてのレベルアップは、現場を抱える基礎自治体の責務ですから、地方議員としては、そこを強化するべく活動します。

この解党の党大会は、『そのとき歴史が変わった』瞬間であり、ここに立ち会えたことが自慢話になるように、彼らの今後に期待します。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA