二宮金次郎像をなんとかしたい!

 

昨年の東日本大震災から1年3ヶ月。あのとき壊れた益子町の金次郎像が、ご覧の通りそのままの状態でおかれています。段ボールに乗っているものが現役稼働中の小学校の物で、後は廃校になった小学校のものです。役場では直す予算は取らないので、民間の寄付を募ろうと思っています。各小学校の卒業生とか地域の人たちへの声かけを、どのように行うかをこれから詰めます。簡易でもとにかく立たせてあげたい。益子の金次郎像たちは、昭和12年から14年に地域の篤志家あるいは自治会や団体から寄贈されており、時は日中戦争始まりの頃、少し前は東北でひどい飢饉があった頃、どんな思いを込めて寄贈されたかはわかりませんが、多くの卒業生達の思い出の金次郎さんですし、貧しい農民から勤勉と実行力で大成し、多くの人民の命を救い、倹約と助け合いの効用を広く知らしめた大偉人でありますから、この状態で放置していて良いはずがありません。なんとかお金集めます。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA