3年目の、益子3中サミット開催

1月6日・7日にわたって、益子3中サミットを行いました。益子にある3つの中学校の生徒会役員が、12月にそれぞれ決まります。決まったばかりの生徒会役員の生徒たちに、1泊2日の研修を受けてもらっています。

ねらいは彼らの成長と、これから作る各校の生徒会活動をより充実したものにしてもらい、彼らを通して、ほかの生徒たちの意識の向上、ひいては町全体の将来性の向上を期待しています。具体的な内容は、地域で活躍している数名の大人たちから、彼らへのメッセージ性の強い講演をいただき、メインは、彼らが目指し作り上げる生徒会について、具体的に言葉にして模造紙に書き出して発表するというものです。

各中学校のPTA役員の方々と事務局の私で協力して、学校の行事でないところで運営します。先生方にあまり負担のかからないことを基本として、低予算で運営します。今年は3年間でもっとも多い子供たちを預かり、子供28人、スタッフ7名で行いました。

ほかの学校の子と一緒の部屋に泊まって、お互いの生徒会役員同士仲良くなって、今後切磋琢磨して成長してくれればと思っています。同じ益子で成長する責任あるリーダーたちが、連携をとれるようにしておくことは大切だと思っています。是非この機会を今後に活かしてほしいものです。

彼らが掲げた各生徒会の目標や行動計画は、今年の10月末頃にもう一度集まってもらって検証します。何ができて何ができなかったか、みんなの前で発表してもらいます。目標と実行とチェックのサイクルを体験してもらい、彼らのモチベーションが続いてくれるようし向けています。どこまで真剣にやってくれるかは未知数ですが。

大人たちが会社を休んで、自分お時間を裂いて、全くの無報酬で彼らの可能性をのばすために行っています。ちなみにスタッフ以外に講師の方も無報酬です。今の日本が決して良い状態ではなくて、今の大人もがんばって努力するから、次の時代の彼らにも努力できる人になってほしい。そのための力を付けてほしいと伝えています。君たちの日常に少しでも良い変化が生まれて、それがほかの生徒に伝わっていくことを、君たちリーダーに期待している。そのむこうに、きっと住み良い益子、持続可能な日本が広がっていると信じていると伝えています。

スタッフを始め、町の生涯学習課、教育委員会、先生方、講師のみなさん、生徒、保護者、みんなの努力は、きっと未来に花を咲かせます。    

お疲れさまでした。

 

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA