第2回 環境とリサイクルを考える会シンポジウム終了

8月31日に真岡市で表題のシンポジウムが行われました。真岡市議会議員の七海さんが主催で、私も1部発表しました。一緒に焼却施設などへ行政視察に行きましたので、その内容を少しお話しました。改めてまとめてみると、一言で言えば、ごみ焼却施設に、灰溶融炉を併設することは、問題がありそうだということです。何しろ建築資材として使われるはずの灰溶融スラグが、実際はほとんど使われていないからです。灰を溶融して固めて、再利用するから全くごみにならないという売り込みですが、結局宇都宮市は年間7300トンも埋めてるし、佐野は山になって困ってるし、能書きと随分違っています。そんな話を私はして、全体的には、ごみの減量が第一で、紙ごみはもちろんさっさと再資源化を進めて、その先は、どの切り口から見ても生ごみの堆肥化を進めるべきで、世界中見ても当たり前のことだ。ということです。自宅で近所同士で自治会で、やれるところから始めてゆこう。行政も後押ししてね!という感じでまとまったと思います。真岡の福田市長も環境課長の笹島さんも挨拶を終えてから、ずっと居てくださいました。伝わってくれればと思います。あわてず急いで応援して欲しいものです。このシンポジウムの模様は、真岡のケーブルTV〝いちごテレビ〟でそのうち放送するそうです。いいシンポジウムであったと、主催者側の一員として自負しております。

投稿カテゴリー: ごみ問題, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です