後期高齢者医療保険を考える会集会にて

24日午後2時より益子駅舎2階にて表題の集まりがありました。私も議員として呼ばれていましたので出席しました。高齢者の方々が中心に企画した会で、共産党の方が多かったようですが、制度の説明を役場住民課より説明を受けて、何人かが意見をしましたが、同医療保険制度の廃止を求めることと、それまでの助成制度を設けて欲しいという内容でした。私も意見を求められ、確かに高齢者の方々に直接負担は増す制度ですが、その分世帯内の若い方や、これからの若い人の負担が軽減されることに、実は私は賛成なのですと申し上げました。戦争を体験され、大変なご苦労をされた諸先輩方を手厚くいたわって差し上げたいのは山々なのですが、先輩方が現役世代として駆けぬけてきた世界的な成長時代において皆さんは、将来の所得の減少や、倒産や解雇の不安に日夜胸を痛める暇も無く、子育てを終え、家を建て終え、いくばくかの貯蓄も出来て、曲がりなりにも年金収入がある。それにに比べて、バブル崩壊以降に社会に出た我々や新社会人たちは、常に明日に不安を持ち、毎年所得は下がり、ボーナスもなかなか出ない。会社もいつまであるか分からない。または既に自分か親がリストラを経験した。年金制度も我々が対象となる30年後までもちそうに無い。今後は日本のGDPも下がり、国際的な経済順位を下げ続け、アジアにおいても経済成長率だけでなく、実体経済においても中国やインドに負け、資源・食料の輸入買付も、徐々に他国に買い負け始めた右肩下がりの日本において、これから子育てをしなければならず、自分と家族のことだけでも、やってゆけるか不安なところへ、人口配列が逆ピラミット型なので、自分達よりはるかに多い老人世代をどうやって支えてゆけばいいのかまで考えると、逃げ出したくなるような思いに駆られている若者が圧倒的に多いのです。彼らの負担を少しでも軽減できる制度は、よくよく研究は必要ですが、形が少し変わっても、やはり必要と思はざるを得ないと申し上げました。当然今の政府の無駄使いを即刻やめさせなければ本末転倒になりますので、公務員制度改革だけでなく、特殊法人の解散整理、財団法人や社団法人、事業団や機構など、中間にある、コンサル・企画・管理・設計・検討などを行う実業に関わらない団体はほとんど無くすことが必要でしょう。江戸までは公務員といえば、武士しか居らず、軍隊兼事務官兼行政官でしたから割安の公務員でしたし、一般の武士は農民と生活レベルも変わらず、皆が節約社会でうまく回っておりました。大多数の一般庶民より公務員の方が圧倒的に経済的に有利な社会は、納税者の感情からは落ち着いた社会にはなりません。二宮尊徳の教えにも、財政難で困って相談に来る代官に向かっての最初の指導は、不慮の事態への備えを怠り、分度を弁えずに入るだけ、又はそれ以上に使ってしまい藩財政を逼迫させたを自分の過失を自覚させています。先ずは藩主より預かった大切な領民を餓死させるまで困窮させたその罪を悔いて、自分の棒禄を藩主に返上し、家屋敷財産全てを売り払い現金に換えて藩主に差出し、飢えに苦しむ領民に分け与えてくださるよう申し出るのが筋であると指導しています。それが出来たら手助けをしても良いという指導です。そして本当にその通りにした代官には、二宮先生の報徳金を無利息で貸し出し、無償で何百俵も援助してその代官を支え、約束どおり先生の仕法により改革を施します。そこまで行う代官の心に打たれ、藩主も自らの贅沢を改め、分度を守った倹約生活になり、領民も感動して、代官や藩主の気持ちに応えようと、怠け心を捨てて荒地を耕し、次第に作物の収量も増えて、藩財政も回復してゆきました。大いに私はこのような故事に学ぶべきと考えています。

話が飛躍しましたが、改革は、先ずは改革者自らが行うということです。

投稿カテゴリー: 福祉, 私見, 議会活動報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA