佐野市みかもクリーンセンター訪問

19日に真岡市議会議員の七海朱美さんと、佐野市のごみ焼却施設を見てきました。施設の方や市の方にご説明を頂いて、芳賀広域のごみ焼却施設の建設を考えるにあたって大変参考になりました。佐野市では市民の100人委員会(実際は200人以上)を設置し、互いに検討を重ねてきて、まだ実績の少ない流動床式熱分解ガス化溶融炉の建設に踏み切りました。最終処分場を持たない佐野市では灰溶融化は必要条件だったでしょう。修理消耗品も含めた保障期間が今年で終了するので、来年からはどれほどの維持管理費が掛かるのかまだ未知数ですが、今のところ大きなトラブルもなく、順調のようです。焼却能力は64トン2基=128トン/日ですが、今は旧佐野市の分しか入っていないので稼動は60%くらいでしょうか。しかし近い将来、合併で佐野市になった地域のごみも入れるでしょうから、規模はこの程度でしょう。面白いのは、取り壊した旧佐野市(8万5千人程)の焼却処理施設は120トン/日の施設で、今(12万5千人)と変わらないんですね。以前建てたときはよほど大きく計算してしまったのでしょうね。1トン大きくすると今は5千万円かかるので、10トン間違えば5億無駄になって、20年後の解体のときにも数千万円多くかかります。建設前によく議論して適正な大きさにすることは、我々の次の世代の税金にまで影響します。次回は塩谷広域ごみ処理施設の準備室で話を聞いてきます。

投稿カテゴリー: ごみ問題, 調査報告. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です