生ごみは宝だ!講演会にて

18日午後、EMネットましこさん主催の講演会がありました。要は生ごみを如何に堆肥化して焼却ごみに出さないかを官民合わせて取り組みましょうのメッセージです。我々の今で言えば、芳賀広域ごみ焼却施設の建設が決定する直前ではあるけれどもこのときに、堆肥化の施設を検討していただけなければならないということと、議員である私は受け止めました。キーマンは分かっています。なんといっても真岡市長です。市長に魅力的なプレゼンテーションをして、堆肥化施設をご採用いただくことに集中して行動してまいります。焼却施設建設を絡めたごみ処理計画は、20年に1度しか出来ない議論の場です。大いに自分の考えを持って興味を盛り上げてください。後期高齢者医療保険ではありませんが、2年前の法案が通る時に、国民は大いに議論し大騒ぎをするべきであったのに、いまさら騒いでも根本的な解決にはなりません。焼却場が出来てから騒いでも遅いのです。その先20年は議論の余地はありません。私達は今大事なことに日常も集中しましょう。ドラマや流行・悩みや迷いに費やす時間はもったいない。今の自分は過去の自分の行いの結果。明日からの自分は今の自分の行いの結果ですから、今何をするかが最も重要なのです。なぜなら私達は皆、自分の望む未来を手にしたいのだから。それを作るのは今今今の行動の連続でしかないのだから。

投稿カテゴリー: ごみ問題, 議会活動報告. 固定リンク.

1 Response to 生ごみは宝だ!講演会にて

  1. なかじ のコメント:

    いつも思っているのですが、このサイトは益子市民も見られますよね?
    コメントがないので、何の反響も無いのですかね?何も感じないのかな?
    この間もコメントしたけど、景介凄いよ!良くやってると思います。陰ながら応援しています。ガンバです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です