益子中学校卒業式にて思う

7日に益子中学校の卒業式に参列してまいりました。昔と違って〝蛍の光〟も〝仰げば尊し〟もありませんが、一人一人の卒業証書授与は変わらず、整然と行われました。それぞれの道に進んでゆく子供達ですが、すでに実社会に出る子もいます。彼らの活躍するであろうこれからの日本は、経済大国といわれて来た地位をこのまま下げ続けるのでしょうか。決して良い材料の見当たらない中、彼らに必要な要素は、〝あきらめない心〟〝思いやる心〟〝他と比較しない生き方〟など、様々な内面の強化がより重要になってくる時代だと痛感しています。経済的に厳しくとも明るく立派に生きてゆける内面を育てると共に、行政は、上記の徳目の実践として、少ない経営資源をより公正に効率的に使い、格差是正を目指さなければなりません。儒教の言葉に〝貧しきことは憂えねど、等しからざることを憂える〟とあるように、〝正直者が馬鹿を見ない〟施策を実施しなければなりません。

卒業式から随分話がずれましたが、これから世にでるの子供達の事を考えると、たとえ右肩下がりの実社会でも強く正しく生きていって欲しいと思うのです。

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA