地域と子供のコミュニケーションセンター〝ごえもん〟訪問

dscn0821.JPGdscn0820.JPGdscn0818.JPGdscn0816.JPG

 〝ごえもん〟http://www.goemon.jp

NPO見本市で知った〝ごえもん〟さんを見てきました。宇都宮は豊郷北小学校区のニュー富士見が丘団地にある私設の不思議な施設です。●3分の1は子供のライブラリー、後は駄菓子を含むミニスーパーで、地域のお母さん方のシフトで運営しています。ここの印象は、大人にも子供にも楽しい地域の溜まり場という感じです。●ちょうどお雛様の日でしたので、お母さん方が予約でちらし寿司を作っていました。毎週木曜日は晩のおかず注文日で、例えばトン汁お玉1杯100円・お鍋を持参して家族分だけ入れてもらって持ち帰るという感じ。●子供達は自由にマンガを読んだり、しゃべったり、ふざけっこしたり、駄菓子を買い食いしたりして時間をすごしていました。大人は買い物だけに来る人もあれば手伝いに来る人が出入りしたりで、なんか部室のような感じもあります。●個人の方が身銭を切りながら維持している店?ですが、地域の核になりつつあるようです。子供も大人も混じれる部室みたいな所っていいですね。〝ごえもん〟の活動は地域活性化のモデルとして大いに学べました。●ひるがえって身の回りでいえば、私の所属している塙お囃子会も少し近い感じがしました。大人子供一緒に練習しますからどちらも同僚であり先輩後輩です。いろんなジャンルで大人子供混成チームが各町内に増えてゆけば、多くの町民が楽しめると気づきました。

投稿カテゴリー: 調査報告, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA