東京de寺子屋

3月1日に東京の寺子屋に行って来ました。30人ほどの参加者の中で、お隣に座った方が真女出身の方でした。現在は埼玉にお住まいの芸術家の方でした。毎回多くの方が来ますが、私を含めて多くの参加者が、自分の地元で是非寺子屋のようなものを開いて、良い話を廻りに伝えてゆきたいと思っている方々です。今回は実に立派な軍人でありました今村均大将の話でした。責任を全うする生き方のお手本です。大変感銘を受けましたし、自分もかくありたいと思いました。正しく美しい生き方のお手本となる偉人達が日本の歴史上たくさん居るのに、今の教科書にほとんど載りません。人は総じて楽なほうへ流れやすい性質を持っていますから、意図的に教育で刷り込まないと、世界中から尊敬を受けるような国民性は育たないことが、戦後教育で証明されたようなものです。今の日本人の国民性と昭和30年代までの日本人の国民性とどちらが世界に誇れる国民性であるか。キムタク主演の映画〝武士の一分〟で有名な時代小説作家・藤沢周平さんの〝飯の糧にならないことが心の糧になる〟という言葉の通り、急速に物が豊になった高度成長期以降の世代は特に心が育たなくなりました。日本の伝統的教育は、心の教育を読み書きの最初から行っていました。鎖国を解いて開国して以来、訪れる多くの国々から賞賛された国民性を育ててきた日本の伝統的教育を戦後一切切り捨ててきたことが大きな間違いである。この辺の問題意識を共有している方々が寺子屋のメンバーです。公教育でやらない分を自前で自分の地域でやれないかと学びに来ています。20~30代もいつも10人ほどは来ています。今まで聞かされていない日本の良さを求めてやってきています。私も毎月1回東京に学びに行きます。早く私も地元で〝デビュー〟出来るよう頑張ります。

※㈱寺子屋モデルさんHP 《徳育・教育再生・偉人伝講座》 
http://www.terakoya-model.co.jp/

投稿カテゴリー: 教育, 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA