地震発生から10日

3月は平成23年度の予算を審議する議会が2日から11日まで行われていました。その内容をこのHPで少し書くつもりでしたが、11日の地震でそれ どころではなくなりました。地震発生時は、まさに議会の最終日の最終段階でしたので、第一波が収まってから、ゆれる議場で急いで議決と報告を済ませて議会 を終了させました。その後、町内へ飛び出して状況を見て歩きましたが、地割れや塀の倒壊、瓦や壁の崩落など、ひどいものでした。

あれから1週間。今日雨が降るまで、私は自宅の屋根も含めて10数件、20回以上屋根に上りました。本格的な雨が降る前に、雨漏れよけのシートをか けて回りました。ハシノホームで建てたお客さんや、その近所でどうしても頼まれたお家や、屋根やではありませんが、2連梯子をかけて2階の屋根に登り、土 のう袋も150袋以上上げました。やっと今日の雨で、体を休めています。この1週間で2キロ痩せました。

不動産協会から、福島からの避難者への住宅供給の世話を頼まれています。長期化を見込んで、借家等への居住を希望している方が増えています。できる だけ対応して差し上げようと動いていますが、私どもの仲介料はいただきませんが、家賃の発生することですから避難者は大変です。それでも大家さんからすれ ば、短期かもしれないし長期かもしれない方に、お貸しするリスクもあります。その分通常の借主を失うわけですが、何棟か大家さんのご理解を得て、借家を案 内できるようになりました。

屋根の修理もいつまでかかるのか分からない状態です。知り合いの瓦屋さんは、1000件までは受けたが、さらに1000件断ったそうです。まともに やっていたら、10年かかっても終わらない量です。資材もそこまでないし、どうなってしまうのかまったく読めない状況です。ましてや内部の修理などは、瓦 以上に件数がありますから、どこまでやるのかによりますが、職人も資材も、まったく足りない状態が続くでしょう。

しかし、日本全体の経済が必要以上に縮小してしまわないように、工場系は早く生産できる体制を整えて、雇用まで失うことの無いように、動きだせる経 済は活動開始してもらわないといけません。体制が整わないで経済が回らないだけでなく、自粛ムードが行き過ぎて経済が停滞すること心配です。災害の無かっ た産業まで、売り上げが激減して雇用が維持できなくなることの無いように、消費は早く回復して欲しいものです。

とにかく、未曾有の災害、1000年に1度の大地震のようです。こんな大きな災害だからこそ、これを国民の総力を挙げて乗り越える中で、助けあい、 いたわりあい、本当に大切なものを確認し、さらに素晴らしい日本国民が育つ機会にしなければなりません。生と死、順境と逆境、普段では身近に少なく意識が 足りなかった貴重な経験を、多くの国民が体験しました。ここで日本国民は、さらに大きく成長します。そのための機会にしなければ、2万人の犠牲者に申し訳 がありません。私は頑張ります。信念を持ってこの路線で進みます。

投稿カテゴリー: 議員日誌. 固定リンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA